未熟TRAINER

ポケモンの構築記事を書いたりしています

USUMの振り返り

 

はじめに

自己満足ではありますが、ウルトラサンムーンの各シーズンの結果と使用構築を振り返りながら書いていきます。(自分語りもあるので注意)

アイキャッチ画像に関しては2100乗った時のPGLのランキングのスクショをチョイスしました。

 

シーズン7

メイン:最高レート2015最終レート2015 ※画像は20チャレ成功前のものです

↓↓使用構築↓↓

シーズン7使用構築 先制カバマンダポリZ(最高・最終レート2015) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20180114162146p:plain

 

シーズン7ではステロ+積み展開に手を出しました。

このシーズンはシーズン終了1週間前に100戦以内でレート2000達成することができたので終盤頑張ってもう1ロムも2000に乗せて最終盤2000から潜ろうと意気込んだのですが、その矢先にインフルに感染してしまったため体調面を考えて撤退せざるを得ませんでした。

 

シーズン7の構築記事で「悔しさをバネに来期こそ2100を目指す勢いで頑張りたい」と書いたのですが、その翌シーズンに本当にあの出来事が起こるとはこの時思っていませんでした...

 

シーズン8

メイン:最高レート2032最終レート2032

サブ:最高レート2100最終レート2100 ※画像は21チャレ成功前のものとPGLの証拠画像の2枚を貼りました

↓↓使用構築↓↓

シーズン8サブロム使用構築 双竜2Zカバガルド(最高・最終レート2100 最終83位) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20190907141659p:plain

シーズン8メインロム使用構築 疑似竜舞バシャグロス(最高・最終レート2032 最終145位) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20190907141510p:plain

自身初の2100を達成したシーズンです。

シーズン8はメインでは剣舞バシャバトン、サブではカバマンダガルドを使用しました。

このシーズンはシーズン終了1週間前時点で2ロム2000に乗せ、最後の土日で一気に勝負をかけました。

メイン:2001から潜って3勝1敗で2032まで上げたところでやめ(サブ2050まで上げたら潜ろうと考えてましたが、サブが2100乗って燃え尽きたことで潜らずに撤退しました)

サブ:2002から潜ってしばらくは2000近辺停滞してましたが、連勝の流れが来て4連勝で2059まで上がり当時の自己最高を更新して止めずに潜った結果、そこから更に3連勝して2100に到達することができました。

この時は冷Bで体感3割ぐらい凍ったり、フレドラで火傷を結構引いたりなど運も全体的によかったので上振れ感は否めませんが、それでも2100乗った時は嬉しかったです。

2100確認した時に確認するので精一杯でレート画面撮れなかったこととちゃんと反映されてるか不安で3時半の更新来るまで起きてたのは今ではいい思い出です。

 

シーズン9

シーズン9を終えての感想、終盤のKP、来期の抱負 - 未熟TRAINER

※この記事にシーズン終了後振り返り記事を書いてたのでこの記事を見た方が早いです

 

メイン:最高レート2004最終レート2004

↓↓使用構築↓↓

シーズン9終盤使用構築 即興制作カバマンダ(最高最終2004) - 未熟TRAINER

 

このシーズンは中盤まで遠吠えスタンみたいな並びを使い、サブロムは勝率7割↑で1900に乗ったのですが、メインで潜った際70戦ぐらい1700半ばで停滞したためシーズン6の構築と並びだけ一緒の型が結構違う奴を使いました。

変えた途端に1700中盤から10連勝以上して一気に1900まで上げることが出来たため最終盤はこの構築で潜りましたが、1900に乗ってから結構苦戦して2000に乗るまで70戦ぐらいかかりました。

 

シーズン10

メイン:最高レート2002最終レート2002

サブ:最高レート2000最終レート2000

↓↓使用構築↓↓

シーズン10サブロム使用構築 WATERBLUEウツロマンダガルド(最高最終2000) - 未熟TRAINER

シーズン10メインロム使用構築 双竜舞々カバゲッコウガ(最高最終2002) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20191130165435p:plain

 

このシーズンは序盤はシーズン9で使った構築で潜ってましたが、1600代で停滞して伸びる気がしなかったので解散→時間差でシーズン9の構築記事を公開と言うことがありました。

構築はメインサブ共にカバマンダ@4を使用してました。(輸送面倒、懐き度の問題などから同じ型のカバとマンダを更にもう1体育成しました)

サブ:シーズン終了1週間前に1900に乗りそこから優先的に上げましたが、しばらくは1900前半で停滞し伸び悩んだためコケコの持ち物変えたりして最終盤の金曜に勝負に出て無事に2000乗せることができました。

このシーズンのサブの構築ではカバマンダにいるガルドで呑気弱保が読まれることがほぼなかったのもあってガルドでイージー取れることも多かった気がします。

メイン:土曜の時点まではメインは1905でやめようと思ってたのですが、あるイベントに参加したのがきっかけで諦めずに最終日潜りました。最終日は下からの刺客にやられまくって心が折れかけましたが、無事午前1時半ごろに2002に到達しました。

諦めないことが大事だと気付けたシーズンだったと今では思っています。

 

余談:変幻ミズZゲッコウガの枠に激流ミズZゲッコウガを入れたいと思って激流ケロマツを孵化していた際に偶然色ケロマツの個体が生まれたため王冠使って使用することを決意しました。(サブロムの構築名の由来になった瞬間です)

 

シーズン11

サブ:最高レート2007最終レート2007

↓↓使用構築↓↓

シーズン11使用構築 双舞双陰ゲコナットマンダガモス(最高最終2007) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20191130172316p:plain


シーズン7以降で1番対戦数が1番多かったシーズンでした。

このシーズンでもカバマンダを使いましたが、カバは起点型ではなくゴツメ持ちの物理受け型で使うことにしました。

シーズン最終盤の金曜まで1850にすら乗らないレベルでこのシーズンは苦戦し、1850チャレで2桁回数やっていた記憶もあります。

最終盤の土曜1850から動かした時に頭がおかしい実況者に有効急所で運だけ+勝ち確放置された挙句晒して暴言までされて頭に来て冷静さ失って一時期1700切るところまで落ちて萎えて撤退考えましたが、流れ戻して4時間後ぐらいに1920まで一気に上げることが出来たので撤退せずに日曜も潜ることにしました。(当時イライラしていた時リプやDMで話を聞いてくれたFFのお二方には感謝しています)

日曜も1900前後でしばらく停滞はしましたが、90戦ぐらい潜って1度も1840以下にはならずに抗うことができました。結構苦しいシーズンではありましたが、2000乗せることが出来た時は苦戦した分の反動もあり本当に嬉しかったです。

このシーズンは最終盤の土日だけで150戦以上潜って流石に疲れたため最終日は潜る体力がありませんでした...

 

余談:このシーズンの序盤にホズラッシュという参加条件がシーズン10の最高レート1900以上(証拠画像有)の仲間大会に参加した際1600越え達成&3位入賞といい結果を残せましたが、レートの方では1840ぐらいまでしか伸ばすことが出来ず解散することにしました。

ホズラッシュで入賞した時に使ってた構築です。(記事は書けなかったので並びだけ)

f:id:azure_pokemon:20191130173259p:plain

 

シーズン12

メイン:最高レート2017最終レート2017

サブ:最高レート2000最終レート2000

↓↓使用構築↓↓

シーズン12使用構築 加速装置ウツロカグヤ(2ロム2000達成 最高最終2017) - 未熟TRAINER

このシーズンでは別構築に手を出そうと思いFFの方のシーズン11の構築のQRパに手を出してリスペクトする元の構築を決めました。

このシーズンではウツロバシャカグヤを使用しました。

メインロムでは(QRパ除いて)15勝4敗で1760ぐらい→1907まで上げることができましたが、テテフの型で試したい型があったため別の構築で溶かしたサブロムで実験的に型を変更したテテフでサブロム潜ってみたところ1700中盤からいい感じの勝率で1880まで蘇生でき、テテフの型の変更を決意しました。

サブ:1880から5敗で2000達成することができましたが、メイン大苦戦により2000から動かせず終了

メイン:日曜は2ロム2000乗せる勢いで潜っていましたが、サブの好調が嘘のようにレート差で大体技外して負けて吸われて1900近辺から伸び悩みました。最終日は1840から潜り早い時間帯に1900まで復帰できそこから1900後半まで連勝することができましたが、レート差落としてしばらく1950近辺停滞しチャレも3回落としました。4回目のチャレで1998から格上引いて勝てて2017まで行くことができましたが、この時点で2時半で翌日も大学があったため撤退せざるを得ませんでした。

 

地味に2ロム同じ構築で2000に乗せたのはこのシーズンが初めてだったと思います。

 

シーズン13

メイン:最高レート2015最終レート1900

↓↓使用構築↓↓

シーズン13使用構築 加速装置ウツロカグヤRemake(最高2015最終1900) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20190107014350p:plain

 

このシーズンは12月中旬にレート潜り始め、最初は自分で組んだ構築で潜っていましたが使ってて運負けが多く1700すら乗る気配がなかったため使うのを2日でやめました。

パーティ案を自分で考える時間がなかったためこのシーズンもシーズン12とほぼ同じウツロバシャカグヤを使用しました。

このシーズンではサブロムは1戦も動かさずメインロム1ロム体制で特攻という形になりましたが、無事に2000達成することができました。

このシーズンはある映画を見たことがきっかけで「2000から溶かしても2000に乗った事実は消えない」って考え方を持つことが出来たため2000からも潜ることができました。(最終盤の日曜で2000近辺で8勝5敗でレート±0とか明らかにおかしいと思ったけど)

 

シーズン14

メイン:最高レート2072最終レート1917

サブ:最高レート2047最終レート1924

↓↓使用構築↓↓

シーズン14メインロム使用構築 響け!Kommoniumウツロカグヤ(最高2072最終1917) - 未熟TRAINER

シーズン14サブロム使用構築 三者陰マンダマンムーポリZ(最高2047最終1924) - 未熟TRAINER

 

このシーズンはメインではウツロバシャカグヤ、サブとサブサブではマンダマンムー軸を使用しました。

サブ:最終盤の土曜に1860から動かして1800中盤で停滞はしましたが、1900帯を1敗で駆け抜けて2000に乗りました。最終盤の日曜で2000から動かして3連勝で2047まで行きましたが、無理な型の100下と1600の運だけにやられたせいで2047→1994で53吸われて以降流れ止まって1900前半まで溶けて撤退しました。

メイン:最終盤の日曜に2000から動かして3連勝で久々に2050まで乗った後技外す戦犯のせいでレートが思うように伸びませんでしたが、他でうまく刺せたりしたおかげで2072まであげることができました。最終日も潜りましたが、初戦から命中95外し&相手のシャドボDダウン&寄生木外しのせいでほぼほぼ勝てる組み合わせの相手に負けてそこから技外しのせいで勝てる試合も落として流れ来ないまま1900前半まで溶けて撤退しました。

2100狙えるシーズンだったのに周りが結果残してる中で溶かして終了して本当にモヤモヤするシーズンでした。(この頃からもう1度2100乗せなきゃっていう焦りが出ることが増えて感情的になることが多かったです)

 

余談:8世代でドヒドナットが割と戦える並びみたいなことを耳にしたので剣盾でももし対戦する機会があればドヒドナット@4みたいな並びに手を出したいと思ってます。

 

シーズン15

メイン:最高レート2012最終レート2012

サブサブ:最高レート2023最終レート1959

↓↓使用構築↓↓

シーズン15終盤使用構築 ウツロマンダゲッコウガ双鋼@襷地面(2ロム2000達成 最高レート2023) - 未熟TRAINER

 

このシーズンは最終的にサブで1700までいい感じの勝率で行けたマンマンガルド軸だったものを使用しました。

中盤まではメインとサブサブではメガミミロップメガフーディンに手を出してたりしてましたが、1900が限界だったため解散をしました。

このシーズンからぽけっとふぁんくしょんにある対戦ログ機能を使って積極的に相手の選出などを記録するようにしました。

最終週土曜:捨てロムのサブで変更前の構築で潜ったら思うように勝てなかったため色々試行錯誤して試しましたが、どれもしっくり来なかったためメインは最初変更前の構築で潜りました。メインは1900前半で停滞こそしましたが、途中からゲッコウガの型を変えたおかげで15と16のポリドヒドグライ+ポリ2にレートドレインを回避できたため最悪の事態は回避出来ました。(メイン1907→1912)

最終週日曜:捨てロムのサブでマンムーニドキングに変えて潜ったらいい感じに勝てたのでサブサブで変えて潜って見たら1900後半に行けるようにもなり、この並びが1番いいのではと思いこの構築に賭けることにしました(サブサブ1911→1954)

最終日メイン:この構築で潜って最初5連敗して1840まで落ちましたが、その後14勝3敗で2012まで上げることができました。

最終日サブサブ:2000チャレ4回目で2000に乗せることができそこから1勝して2023まで上げることができましたが、そこからは伸びず3時間ほど1900後半で停滞して終了しました。

シーズン終了2日前に変更に踏み込めたのはよかったのですが、構築力の壁を感じるシーズンでもあったと思います。

 

シーズン16

メイン:最高レート2007最終レート2007

サブサブ:最高レート2004最終レート1912

↓↓使用構築↓↓

シーズン16使用構築 ありふれた悲しみの果てのウツロカグヤ(2ロム2000達成 最高最終2007) - 未熟TRAINER

ç»å

ç»å

 

このシーズンでは最終的にウツロバシャカグヤを使用しました。

最終盤前まではシーズン14以前と同じ並び(ウツロバシャカグヤサメレボルト@1)を使用していたのですが、1870から伸び悩んだためサメとレボルトの枠を急遽変更することにしました。

 変更は大正解で2体変更後は伸び悩んでた地点から伸ばすことができ、2ロムとも2000(片方は100戦以内2000達成)に乗せることができましたが、最終日に1割の追加効果をピンポイントで引かれまくったり技外しや相手の2連守るで勝てるはずの試合を落としたりして2000から勝つことが出来ませんでした。

このシーズンの最終日のツイートは裏では結構荒れてました。

 

余談:中盤までS11の構築とS14の構築とS15の構築を3で割ったような構築をサブロムで使っていましたが、レート1800が限界だったため使用するのをやめました。(記事は書けなかったので並びだけ) ※ドヒドの持ち物はトリック対策で氷Zにしたこともありました

f:id:azure_pokemon:20191130195132p:plain

 

シーズン17

サブサブ:最高レート2011最終レート2011

 ↓↓使用構築↓↓

S17使用構築 発売4分前2000達成ライボカグヤ(最高最終2011) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20191116190122p:plain

 

最後のシーズンはメインではアゴハッサム、サブとサブサブではライボカグヤ軸を使用しました。(サブサブは途中まで別構築に手を出してたりもしてました)

このシーズンは剣盾発売1週間前時点で3ロムとも1900に乗っていつもより早めにレートを上げましたが、そこから2000にはスムーズに乗れず伸び悩んで溶かした時の保険用に別の構築まで考えたりもしました。(結局そこから溶かさなかったため保健用の別の構築は使いませんでしたが)

日を改めて1900から潜ってからは連敗の流れはなくなり、いい感じで勝てるようになって無事に最終シーズンも2000に乗せることができましたが、剣盾発売後はレート差が増えて溶かしてストレス溜める可能性や勝ち切れる自信がないことから撤退を決意しました。

 

余談:USUMのメイン以外のロム(2ロム)を売ったら結構高価で買取されて驚きました。

f:id:azure_pokemon:20191130212221p:plain

 

終わりに(8世代について)

8世代については少し前までは買わない予定でいましたが、TLの盛り上がりを見て割と心が揺らいで来たため近いうちに買うかもしれないです。

対戦に関してはやるとしても上位目指さず、エンジョイ感覚でやりたい時だけやる感じで行きたいと考えています。

レイドや交換をする際にFFの方に協力を乞うこともあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。

 

ここまで閲覧ありがとうございました。