未熟TRAINER

ポケモンの構築記事を書いたりしています

シーズン8終盤使用構築 運否電磁ジバコドラパキッス(最高最終レート2005・最終424位)

 

f:id:azure_pokemon:20200801135007j:image

※サムネ用

 

はじめに

皆さんこんにちは シーズン8お疲れ様でした

今期は目標としていたレート2000 に到達することができたので、シーズン3以来久々に構築記事の方を書いていきたいと思います。

 

今期の構築経緯など

今期は最終盤前までHBウインディ入りのサイクル寄りの構築を使って2ロムとも1800後半まで上げることができていましたが、上から殴られることで急所や追加効果による下振れが発生してシーズン終了2日前の夜に一瞬5桁順位に突入する事態に陥りました。

そこで「上から確率押し付けた方が強くね?」と思い、シーズン終了2日前に急遽サイクル寄りの構築を解体して襷ドラパの電磁波鬼火展開の構築を組むことにしました。

2~4体目にはサイクル寄りの構築使ってた時も入ってた弱保ジバコ(図太いHBアナライズ→控え目CS頑丈)、剣舞搭載ゴリラ(襷→グラスシード)、ステロ欠伸カバ(腕白HBゴツメ→腕白HDオボン)をそれぞれ変更して採用しました。

5体目には運勝ちや上振れを狙うことができる電磁波と相性がいい確率の押し付けもできる積みアタッカー枠に身代わり巧み採用の残飯キッスを採用しました。

6体目に関しては明確な回答が見つからなかったのでとりあえずエースバーン(最終日前日はミミッキュ)を採用しました。

色々突貫気味ではありますが、シーズン終了2日前から使い始めた結果最終的にレート2000に到達することができました。

今までサイクル寄りの構築を使うことが多かったのですが、今期は自分にしては珍しく対面寄りの構築になった気がします。

今回の構築名は運否天賦(うんぷてんぷ)と電磁波の組み合わせと選出率高い3体を詰め込んだ感じになりました。

 

結果

TN:AZUNA 最高最終レート2005 最終順位424位

TN:エリィ 最高最終レート1962 最終順位663位

f:id:azure_pokemon:20200801135029j:image

f:id:azure_pokemon:20200801135038j:image

 

パーティ紹介

f:id:azure_pokemon:20200801140053g:image

ドラパルト@襷

特性:すり抜け

性格:臆病

努力値:0-0-0-252-4-252

実数値:163-*-95-152-96-213

技:流星群 祟り目 鬼火 電磁波

起点作成枠

電磁波や鬼火で後続の積みのお膳立てをすることが主な役割です。

初手で出すことよりも後続で出すことの方が多かったと思います。

技を当ててくれれば安定して強かったのですが、外した場合は起点作成できずに不利になることが多かったです。

トレースポリ2にすり抜けトレースされる→キッスで身代わり貫通といったデメリットがあったので特性に関しては諸説に感じましたが、クリアボディトレースの場合でもCダウン無効になるデメリットがあるため拘り枠がいない今回の構築なら呪われボディでの採用が正解だった気がしました。

 

f:id:azure_pokemon:20200801140117g:image

ゴリランダー@グラスシード

特性:グラスメイカ

性格:意地っ張り

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値:176-194-110-*-90-137

技:グラスラ 叩き 馬力 剣舞

AS:ぶっぱ

H:余り(グラスフィールドの回復量意識で16n)

当初は陽気で採用してましたが、火力が足りなくて負けることが多かったので意地に変更しました。

途中まで襷で採用してましたが、起点作成の襷ドラパを入れた都合で持ち物をグラスシードに変更しました。

ドレインパンチを採用してたこともありましたが、ストリンダーやパッチラゴンあたりが重めに感じたので途中から10万馬力に変更しました。

シード発動時の物理方面の耐久は使ってて想像以上に感じました。

 

f:id:azure_pokemon:20200801140200g:image

カバルドン@オボン

特性:砂起こし

性格:腕白

努力値:252-0-12-0-244-0

実数値:215-132-154-*-123-67

技:地震 ステロ 欠伸 吠える

HD:C特化ラプラスの巨大旋律(威力130)確定耐え

B:余り(11n)

起点作成枠その2

途中まで腕白HBで採用してましたが、特殊攻撃を耐えなくて起点作成できないことが多かったので腕白HDに変更しました。

相変わらず相手のラム持ちや挑発に怯えることが多かったです。

 

f:id:azure_pokemon:20200801140217g:image

ジバコイル@弱保

特性:頑丈

性格:控えめ

努力値:0-0-4-252-0-252

実数値:145-*-136-200-110-112

技:10万ボルト ラスカ ボディプレ 電磁波

最初はHBアナライズの弱保ジバコを使っていましたが、今回の最終的な構築が後続にダイマ消費を優先したい構築になったので、ダイマなしでも使えてなおかつ電磁波で後続のお膳立てをすることもできるCS頑丈の弱保ジバコに変更しました。

相手にキッスがいる場合は大体初手で出してました。

ボディプレは打つ機会が少なかったですが、ダイマ消費してダイスチルした後なら火力を上げることができるので入れて損はありませんでした。(ダイマ消費の優先度低め&キッス同時選出多めという理由、ポリ2の処理速度を速める点からボディプレの枠は金属音にした方がよかったとシーズン終了後にFFのツイートを見て思いました)

初手でエスバと対面して裏にドラパがいる場合は巨大火球警戒で基本ドラパに引きました。(ドラパ選出してない場合は巨大火球来ないことを祈ってダイマせずに居座りました)

 

f:id:azure_pokemon:20200801140234g:image

トゲキッス@残飯

特性:天の恵み

性格:臆病

努力値:132-0-4-116-4-252

実数値:177-*-116-155-136-145

技:エアスラ マジフレ 悪巧み 身代わり

H:16n+1

S:最速

C:余り

BD:端数

ダイジェット枠兼運ゲ枠の白い悪魔

電磁波で麻痺らせた後相手を起点にして暴れる上振れ枠として採用しました。(麻痺+天恵エアスラで7割不動にできるのは使ってて恐ろしく思いました)

マジフレはポリ2などの特殊に対するデバフとして役に立ちました。

スピードスワップやパワースワップを持ってるポリ2と当たった時は泡を吹いて倒れることで対策としました。(これらの技が来た場合でも麻痺入ってる場合は痺れるワンチャンに賭けました)

キッス同士の対面できる→相手裏の特殊受け(ポリ2など)に引く→こっち身代わりでアド取るみたいな展開が起こることも珍しくなかったです。

相手怯ませまくってる時は気持ちよかったですが、同時に罪悪感も多少ありました。

 

f:id:azure_pokemon:20200801140325g:image

エースバーン@珠

特性:リベロ

性格:陽気

努力値:0-252-0-0-4-252

実数値:155-168-95-*-96-188

技:火炎ボール 飛び膝 飛び跳ねる 思念

6枠目が定まらなかったので、IQ3になって考えた結果無難に強い珠エースバーンを最終日に投入しました。(当初最終日の6枠目は2ロムでミミッキュと分岐して使う予定でしたが、使ってみたらミミッキュよりあってると感じたため2ロムとも6枠目にエースバーンを採用して潜りました)

技構成の4枠目(思念の枠)に関してはギガインパクト、不意打ち、アイへあたりもありだと思いましたが、最終日で考える時間があまりなかったため育成済み個体に覚えさせてた思念で採用しました。

ダイマだと全部命中不安なので技打つ時毎回外しの恐怖に怯えてました。

 

最終日前日に入れてた枠

f:id:azure_pokemon:20200301083343p:plain

ミミッキュ@珠

特性:化けの皮

性格:陽気

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値:131-142-100-*-125-162

技:じゃれ ダイブ 影打ち 剣舞

最終日前日使ってた時に入れてましたが、この枠は微妙に感じたため最終日に変更することにしました。

 

6体の選出率はジバコ>キッス>ドラパ>カバ≧ゴリラ≧エスバ(ミミ)でした。

 

辛いポケモン

ラムヒトム:エスバ(ミミッキュ)選出してないと有利取れる奴がいないため結構きついです。(大体キッスより早いのでキッスのエアスラで怯ませて強引に突破という方法もできないです)

トゲキッス:ジバコ対面エアスラ怯みから入られたり最速ラムでドラパの電磁波無効化されて起点回避されたりなどして確実な処理ができないため辛いです。

襷ステロ枠+ラムエースバーン:ドラパの電磁波でエスバを止める前提で行った場合崩壊するので相手のエスバが珠であることを毎回祈ってました。

 

シーズン8最終盤のKP(102戦分)

f:id:azure_pokemon:20200802144307p:image

f:id:azure_pokemon:20200802144319p:image

f:id:azure_pokemon:20200802144330p:image

f:id:azure_pokemon:20200802144342p:image

f:id:azure_pokemon:20200802144353p:image

ぽけっとふぁんくしょん様の対戦ログ機能の相手分析でKP3以上のポケモン一覧をスクショしました。(見辛いかもしれませんが参考になれば幸いです)

※ウーラオスは選出段階で水か悪か分からないので両方ひとまとめです。

 

終わりに

改めてシーズン8お疲れ様でした。

今期最終盤に構築の方向性を変えたおかげで2000に乗せることができましたが、突貫気味だった分色々強引な処理になることが多かったので反省すべきだと思いました。

来期以降この類の構築を使うかは分かりませんが、使う場合はもう少し考えて構築を組みたいと思います。

 

ここまで閲覧ありがとうございました。

 

 

第5回BlueWorldCup 大会要項

 

【はじめに】

皆さんこんにちは

DLC解禁組が使える新しい環境となり、いい機会だと思ったので仲間大会を開催することにしました。

 

【大会データ画像】 f:id:azure_pokemon:20200625174318j:image

f:id:azure_pokemon:20200625174325j:image

 

 

【主催・開催日時】

主催:アズ(@Azu_BlueWorld)

日時:7月5日(日) 21:00~24:00

 

【ルール・参加方法】

ルール:ランクバトルシリーズ5準拠(DLCで解禁されたポケモンも使用可能です)

大会ID:2K8RMMR0C

持ち時間:7分

総合時間:15分(とあるけど仕様(?)でランクマと同じ20分になってる可能性あり)

対戦回数:最大15試合

※第3回、第4回では切断バグ対策のため大会を限定公開設定にしていましたが、この度のアプデで切断バグ関連が修正されたため今大会では公開設定にしました。

 

【景品】

景品1:色カバルドン(7世代ワープライド産・吹き飛ばし後付け済)+任意のミント

f:id:azure_pokemon:20200621154822j:image

f:id:azure_pokemon:20200621154830j:image

 

景品2:意地3V色ヨーギラス(7世代孵化産)+金の王冠

f:id:azure_pokemon:20200621154846j:image

f:id:azure_pokemon:20200621154853j:image

 

景品3:臆病A抜け5V色リザードン(夢特性・CS252振り済)

f:id:azure_pokemon:20200621154903j:image

f:id:azure_pokemon:20200621154913j:image

 

景品4:野生産ドロンチ(時々見る証付き)

f:id:azure_pokemon:20200629152350j:image

f:id:azure_pokemon:20200629152359j:image

 

今回の景品は1位〜3位と主催の1個上の順位の人にお渡しします。

過去作産のポケモンもタワーのおっさんの力でランクバトルで使えるようになったので、今回景品として7世代産の色個体も出すことにしました。

画像画像

 

【諸注意】

配信については自由です。

対戦相手に対する誹謗中傷、改造個体の使用、トス行為、故意の切断、などの違反行為は絶対におやめください。

大会に関するツイートをする際は「#BlueWorld杯」のタグをつけて頂けると嬉しいです。(任意なのでタグつけなくても大丈夫です)

 

【終わりに】

ここまで大会要項について書いていきました。

今回はDLC解禁後1発目の仲間大会ということもあるので、いつも以上に盛り上がる大会にしたいと考えています。

気軽にエントリーしていただけるとこちらとしても嬉しく思うので、今回もたくさんのエントリーをお待ちしてます。

 

ここまで閲覧ありがとうございました。

青世界(BWC)杯歴代トップ3入賞者まとめ

いつからか仲間大会の総括記事書かなくなってたので、何となく過去の大会で3位以内に入った方だけでもまとめたいと思い今回記事にすることにしました。(敬称略で行きます)

 

青世界杯

第1回(2018年7月29日開催、エントリー数48名)

1位:スポンジ

2位:キャプテン

3位:Ronaldo

 

第2回(2018年9月28日開催、エントリー数123名)

1位:クロエ

2位:キャプテン

3位(同率):わたっこ、シーベル

 

第3回(2018年11月30日開催、エントリー数110名)

1位:スポンジ

2位:キャプテン

3位:アズ(主催)

 

第4回(2019年1月20日開催、エントリー数127名)

1位:シーベル

2位:ごまっちゃ

3位:スイロ

 

第5回(2019年4月28日開催、エントリー数96名)

1位:スポンジ

2位:タカ

3位:湖南

 

第5.5回(2019年5月17日開催、エントリー数95名)

1位:かでら

2位:frimy

3位:てつ

 

第6回(2019年7月6日開催、エントリー数147名)

1位:マダガスカル

2位:orion

3位:マイ

 

FINAL(2019年10月5日開催、エントリー数81名)

1位:キャプテン

2位:るきあ

3位:ゆうき

 

BWC杯

第1回(2020年4月10日開催、エントリー数111名)

1位:コーミル

2位:デルタ

3位:たいやき

 

第2回(2020年4月21日開催、エントリー数174名)

1位:Ryo

2位:スポンジ

3位:ゆあ

 

第3回(2020年5月21日開催、エントリー数73名)

1位:なのは

2位:スポンジ

3位:藤花

 

第4回(2020年6月11日開催、エントリー数53名)

1位:ノブ

2位:コウ

3位:めこん

 

第5回(2020年7月5日開催、エントリー数95名)

1位:あひる

2位:コウ

3位:ノブ

 

以上が今までに開催した仲間大会で3位以内に入った方々です。おめでとうございます。

今後の大会も結果が出次第この記事に追記すると思います。

第4回BlueWorldCup 大会要項

 

【はじめに】

皆さんこんにちは

エキスパンションパスが6月17日に配信されることが決定し、環境が変わる前にもう1度仲間大会を開催したいと思ったので仲間大会を開催することに決めました。

 

【大会データ画像】

f:id:azure_pokemon:20200604153440j:image

 

 

【主催・開催日時】

主催:アズ(@Azu_BlueWorld)

日時:6月11日(木) 20:00~23:00

 

【ルール・参加方法】

ルール:ランクバトルシリーズ4準拠

大会ID:0FH05DYWT

持ち時間:7分

総合時間:15分(とあるけど仕様(?)でランクマと同じ20分になってる可能性あり)

対戦回数:最大15試合

※第2回で切断バグの被害報告があったため第3回以降は対策として大会IDを知ってる人だけ参加できる設定にしました。

 

【景品】

陽気D抜け5V色ヒバニー(猛火)+任意のガンテツボール

※飛び膝蹴りと不意打ちの遺伝後付けは一応しました

f:id:azure_pokemon:20200604153723j:image

 

このツイートの1時間後にフラグ回収した模様(我ながらフラグの回収速度が異常だと感じた)

画像画像

 

【諸注意】

配信については自由です。

対戦相手に対する誹謗中傷、改造個体の使用、トス行為、故意の切断、切断バグなどの違反行為は絶対におやめください。

大会に関するツイートをする際は「#BWC杯」のタグをつけて頂けると嬉しいです。(任意なのでタグつけなくても大丈夫です)

#BWC だと色々別のツイートが引っかかったので使うタグを#BWC杯 にしました。

 

【終わりに】

ここまで大会要項について書いていきました。

今回も盛り上げたいと思っているのでたくさんのエントリーをお待ちしています。

 

 

ここまで閲覧ありがとうございました。

第3回BlueWorldCup 大会要項

 

【はじめに】

皆さんこんにちは

1ヶ月ぶりに仲間大会を開くことにしたので今大会の大会要項について書いていきたいと思います。

 

【大会データ画像】

f:id:azure_pokemon:20200517073845j:image

f:id:azure_pokemon:20200517073850j:image

 

 

【主催・開催日時】

主催:アズ(@Azu_BlueWorld)

日時:5月21日(木) 20:00~23:00

 

【ルール・参加方法】

ルール:ランクバトルシリーズ4準拠

大会ID:0NMYPFFWY

持ち時間:7分

総合時間:15分(とあるけど仕様(?)でランクマと同じ20分になってる可能性あり)

対戦回数:最大15試合

※前回大会で切断バグの被害報告があったため今回は対策として大会IDを知ってる人だけ参加できる設定にしました。

 

【景品】

無補正C抜け5V色コイキング(通常特性)+任意のミント

f:id:azure_pokemon:20200517075016j:image

 

 

【諸注意】

配信については自由です。

対戦相手に対する誹謗中傷、改造個体の使用、トス行為、故意の切断、切断バグなどの違反行為は絶対におやめください。

大会に関するツイートをする際は「#BWC杯」のタグをつけて頂けると嬉しいです。(任意なのでタグつけなくても大丈夫です)

#BWC だと色々別のツイートが引っかかったので使うタグを#BWC杯 にしました。

 

【終わりに】

ここまで大会要項について書いていきました。

今回も特に縛りはないのでマナーさえ守っていただければ気軽にエントリーしていただけるとこちらとしても嬉しいです。

今回も多くのエントリーをお待ちしています。

 

ここまで閲覧ありがとうございました。

シリーズ3 仲間大会記録

シリーズ3は切断バグの横行が原因でランクマに潜らなかったので、仲間大会に参加することが多くなりました。

この記事では最終レート1570以上の仲間大会で使った構築を記録として書き留めたいと思います。

メモ程度にまとめたのでかなり雑です。

 

1570以上の仲間大会一覧

f:id:azure_pokemon:20200501052501j:image

f:id:azure_pokemon:20200501052858j:image

f:id:azure_pokemon:20200501052310j:image
f:id:azure_pokemon:20200501052319j:image

f:id:azure_pokemon:20200501052343j:image

f:id:azure_pokemon:20200501052328j:image

 

各大会使用構築

 

法螺貝杯

陽気ドリュウズ@襷 0-252-4-0-0-252

アイへ 地震 岩封 ステロ

陽気ミミッキュ@お札 4-252-0-0-0-252

ダイブ ドンチ 影打ち 剣舞

意地ガオガエン@珠 4-236-4-0-12-252

フレドラ Dラリ アクロバット 剣舞

控えめアシレーヌ@眼鏡 0-0-4-252-0-252

泡沫 ムンフォ エナボ カノン

呑気ナットレイ@オッカ 252-0-252-0-4-0

ジャイロ ボディプレ 鉄壁 寄生木

意地ウォーグル@ラム 0-252-4-0-0-252

ブレバ インファ シャドクロ ビルド

 

ミエイ杯第1日程

腕白カバルドン@オボン 228-0-108-0-172-0

地震 ステロ 欠伸 吠える

臆病リザードン@厚底 0-0-4-252-0-252

放射 エアスラ ソラビ 竜波

控えめアシレーヌ@残飯 188-0-196-28-12-84

熱湯 ムンフォ 瞑想 身代わり

意地ドラパルト@珠 204-236-0-0-0-68

アロー ダイブ 鋼の翼 竜舞

 

ミミッキュナットレイ努力値、技構成共に同上のため省略

ナットレイのオッカ→バンジに一時的に変更(サブロムにオッカの実がなかったため)

 

増田isGOD

ミエイ杯第1日程とほぼ同様の構築

 

6体全て努力値、技構成共に同上のため省略

リザードンの持ち物を厚底ブーツ→木炭に変更

ナットレイの持ち物をバンジ→オッカに変更

 

ミエイ杯第3日程

陽気ルカリオ@襷 0-252-0-0-4-252

インファ コメパン バレパン 剣舞

 

他5体努力値、技構成共に同上のため省略

 

めるたんかっぷ

陽気ミミッキュ@チイラ 12-244-0-0-0-252

じゃれ 影打ち 身代わり 呪い

意地カビゴン@ラム 0-236-228-0-0-44

自爆 馬鹿力 アイへ Dラリ

 

他4体努力値、技構成共に同上のため省略

リザードンの持ち物を木炭→弱保に変更

 

AirRush杯

意地ドラパルト@弱保 236-156-44-0-4-68

アロー ダイブ 空を飛ぶ 放射

残飯アシレーヌのH実数値を179→177、S実数値を91→93に微調整

 

他4体は努力値、技構成共に同上のため省略

ミミッキュをミエイ杯第3日程以前に使ってた個体で使用、持ち物をお札→珠に変更

 

第2回BlueWorldCup 大会要項

 

【はじめに】

皆さんこんにちは

先日第1回大会を開催したばかりですが、4月21日(火)に第2回BWC杯を開催することに決めました。

切断バグが修正されるまでは今後も2週間〜1ヶ月に1回ぐらいの頻度で仲間大会を開催すると思うので今後ともよろしくお願いします。

 

【大会データ画像】

f:id:azure_pokemon:20200418023402j:image

f:id:azure_pokemon:20200418023405j:image

 

 

【主催・開催日時】

主催:アズ(@Azu_BlueWorld)

日時:4月21日(火) 21:00~24:00

 

【ルール・参加方法】

ルール:ランクバトルシリーズ3準拠

大会ID:26339J8NK

持ち時間:7分

総合時間:15分 ※ランクマより5分短いです

対戦回数:最大15試合

 

【景品】

C抜け5Vメタモン(英語ロム産)+マスターボールor好きなガンテツボール1個

f:id:azure_pokemon:20200421205919j:image

 

5VA0メタモン(英語ロム産)+マスターボールor好きなガンテツボール1個

f:id:azure_pokemon:20200421210007j:image

 

1位と2位の人に1体ずつ渡します。(1位の人がメタモンと欲しいボールを選択→2位の人に選択されてないメタモンとボールを渡すという感じで行きます)

 

 

 

 

【諸注意】

配信については自由です。

対戦相手に対する誹謗中傷、改造個体の使用、トス行為、故意の切断などの違反行為は絶対におやめください。

大会に関するツイートをする際は「#BWC杯」のタグをつけて頂けると嬉しいです。(任意なのでタグつけなくても大丈夫です)

#BWC だと色々別のツイートが引っかかったので使うタグを#BWC杯 にしました。

 

【終わりに】

ここまで大会要項について書いていきました。

何も考えずに気軽にエントリーしていただけるとこちらとしても嬉しいのでたくさんのエントリーをお待ちしています。

 

ここまで閲覧ありがとうございました。

第1回BlueWorldCup 大会要項

 

 

【はじめに】

皆さんこんにちは

今月は時間が取れるためランクマを頑張ろうと思いましたが、ランクマモチベが例の一件でガタ落ちしてしまっため仲間大会を開催することに決めました。

仲間大会の大会名の由来ですが、7世代の時に開催してた青世界杯を英語にしただけです。(面影を残したかったのと他の大会名が思い浮かばなかったからこの大会名にしました)

 

【大会データ画像】

f:id:azure_pokemon:20200402150233j:image

f:id:azure_pokemon:20200402150229j:image

 

【主催・開催日時】

主催:アズ(@Azu_BlueWorld)

日時:4月10日(金) 21:00~24:00

 

【ルール・参加方法】

ルール:ランクバトルシリーズ3準拠

大会ID:2LL5WP54C

持ち時間:7分

総合時間:15分 ※ランクマより5分短いです

対戦回数:最大15試合

 

【諸注意】

配信については自由です。

対戦相手に対する誹謗中傷、改造個体の使用、トス行為、故意の切断などの違反行為は絶対におやめください。

大会に関するツイートをする際は「#BWC杯」のタグをつけて頂けると嬉しいです。(任意なのでタグつけなくても大丈夫です)

#BWC だと色々別のツイートが引っかかったので使うタグを#BWC杯 にしました。

 

【終わりに】

ここまで大会要項について書いていきました。

今大会では景品は用意してませんが、副賞(かどうかは諸説)として祝福と表彰の意味も込めて優勝者が今大会の最終1位報告をツイートした場合は主催が気付き次第RTすると思います。

何も考えずに気軽にエントリーしていただけるとこちらとしても嬉しいのでたくさんのエントリーをお待ちしています。

 

ここまで閲覧ありがとうございました。

シーズン3使用構築 詰込カバギャラミミジュラル(最終順位298位&360位)

 

f:id:azure_pokemon:20200301082707p:plain

※サムネ用

 

はじめに

皆さんこんにちは

剣盾シーズン3で使用した構築について書いていきたいと思います。

 

結果

TN:エリィ 終盤最高順位171位(2/28午前0時20分ごろ) 最終順位298位 最終レート2039

TN:You 最終日最高順位207位(2/29午後9時30分ごろ) 最終順位360位 最終レート2019

f:id:azure_pokemon:20200301111247j:image

f:id:azure_pokemon:20200301111255j:image

f:id:azure_pokemon:20200301111321j:image

f:id:azure_pokemon:20200301111330j:image

f:id:azure_pokemon:20200602213324j:image

f:id:azure_pokemon:20200602213329j:image

 

(上からメイン終盤最高、メイン最終、サブ最終日最高、サブ最終)

 

 

パーティ紹介

Pokémonsprite 450 StSd.gif

カバルドン@オボン

特性:砂起こし

性格:腕白

努力値:228-0-108-0-172-0

実数値:212-132-167-*-114-67

技:地震 ステロ 欠伸 吠える

HB:陽気珠ミミッキュのダイフェアリー確定耐え、意地スカーフダルマの氷柱落とし87.5%耐え

D:余り

 

古き良き起点作り枠。

一撃で落とされる心配がない場合は積極的に初手で出してステロ欠伸して場を整えました。

相手の挑発やラム持ちに怯えることも多かったです。

 

Pokémonsprite 130 StSd.gif

ギャラドス@命の珠

特性:自信過剰

性格:陽気

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値:171-177-99-*-120-146

技:滝登り 飛び跳ねる ウィップ 地震

 

終盤になってルチャブルの選出率が結構低くなったので急遽採用しました。

初手で出して圧力かけて相手に先にダイマックス消費させることを狙うこともフィニッシャーとして削れた相手を全抜きすることも両方ありました。

前期は竜舞を採用していましたが、舞う機会が少ない点、対面性能を上げたい点、パッチラゴンやジュラルドンに対して有効打になる点、水無効枠がいる相手に対する中間択となる点などを考えて今回は4枠目に地震を採用しました。

 

Pokémonsprite 884 StSd.gif

ジュラルドン@食べ残し

特性:筋金入り

性格:控えめ

努力値:252-0-100-156-0-0

実数値:177-*-148-176-70-105

技:ラスカ 竜の波動 10万ボルト 身代わり

HB:ギャラドスのA+1地震確定耐え

C:余り

 

受け、ミミノラゴンあたりに結構強い枠です。

最初は受けに強い枠としてサザンドラを入れてましたが、選出率が低めで微妙に感じることが多かったので代わりにジュラルドンを試してみたところ意外としっくりときたため今回採用に至りました。

残飯を持たせてましたが、割と身代わり警戒されることが少なく感じました。

相手にアーマーガアいた時はほぼ確定で選出していたので、選出率は結構高めでした。

特性はライトメタルの方がいいらしいのですが、500試合やって1試合もけたぐりを打たれなかったので結局育成し直しませんでした。

 

Pokémonsprite 143 StSd.gif

カビゴン@チョッキ

特性:厚い脂肪

性格:意地っ張り

努力値:0-252-252-0-4-0

実数値:235-178-117-*-131-50

技:のしかかり→空元気 アイへ ほんち かんち

 

中盤前まではAB半分回復実で使ってましたが、キッスやサザンに対し安定して後出しできなかったためチョッキで採用しました。

終盤前まではのしかかり採用してましたが、ミトムとかに鬼火されて機能停止することが多かったので終盤になって空元気に変更しました。

王冠使ってないことに終盤まで気付かなかったのは内緒(BS-1なので支障はほぼなかったですが)

 

Pokémonsprite 778 StSd.gif

ミミッキュ@呪いのお札

特性:化けの皮

性格:陽気

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値:131-142-100-*-125-162

技:ゴーストダイブ じゃれつく→ドンチ 影打ち 剣舞

 

入れ得ポケモン

珠はギャラドス(ルチャブル)に持たせてたのでお札を持たせましたが、ラムやアッキあたり持たせてもよかった気がします。

じゃれ外しまくってストレスヤバかったのとパーティからルチャブルが抜けて格闘枠が消えたことから終盤はじゃれの枠をドンチに変更しました。

同速負けするたびにこいつの皮剥いでやろうかと思いました。(同速対決の勝率体感1割)

 

Pokémonsprite 882 StSd.gif

ウオノラゴン@鉢巻

特性:頑丈顎

性格:意地っ張り

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:165-156-121-*-100-127

技:エラ噛み サイコファング 地震 逆鱗

 

火力お化け

超火力で相手の受けを許さないことが多かったです。

実際エラ噛み以外の技を打つ機会はほぼなかった気がします。

ギャラ加入後は選出率が低めでした。

 

選出率は体感ですがジュラルドン>カバルドンギャラドスミミッキュカビゴン>ウオノラゴンだったと思います。

 

入れてたポケモン

Pokémonsprite 701 StSd.gif

ルチャブル@命の珠

特性:型破り

性格:陽気

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値:154-144-95-*-83-187

技:インファ ブレバ かんち 剣舞

 

欠伸ループした後積んで相手を破壊することが多かったです。

上から型破りでミミッキュの皮を貫通して攻撃できて強かったのですが、後半になって選出率が下がったためパーティから外すことに...

中盤2桁順位乗せた時ギャラドスの枠に入れてました。

 

重いポケモン(思い付いただけ)

鬼火ドラパルト:ジュラルドンいればまだ何とかなりますが、選出してないと本当にきついです。避けるの祈るしかないです。

ボディプレス持ちナットレイカビゴンかジュラルドンでナットレイ見ることが多いのでボディプレス持ってると結構きついです。(ウェポンがジャイロやタネガンのみなら身代わり壊れないのでジュラルドン有利です)

タラプアーマーガア:ジュラルドンで見た場合自覚頼りになることが多かったため安定しませんでした。

 

おわりに

改めてシーズン3お疲れ様でした。

今期中盤は2桁順位に乗せれていたのですが、最終盤2桁順位に返り咲くことができなかったのは結構悔しく感じました。

シーズン4の期間である3月はポケダン新作発売でポケダン中心になると思われるためほとんど潜らない予定でいますが、シーズン5では都合により潜る時間が今まで以上に取れそうなのでシーズン3までの結果よりもいい結果を出せるよう頑張りたいと思います。

 

ここまで閲覧ありがとうございました。

シーズン2使用構築 双剣悪竜ドリュギャラニンフ(最終順位432位)

 

f:id:azure_pokemon:20200201122341j:image

※サムネ用

 

はじめに

皆さんこんにちは

剣盾シーズン2で使用した構築について書いていきたいと思います。

今期は最初デスバーン展開のステロ毒びし軸を一時期考えていたのですが、その構築がTODに弱いという致命的な欠陥から没になったためシーズン1の構築をベースに改良した構築を使うことにしました。

今期の構築名もいつも通り思いつかなかったので詰め込んだ感じになりました。

 

TN:エリィ 最高順位390位(2/1午前0時50分ごろ) 最終順位432位 最終レート2028

TN:You 最高順位424位(2/1午前1時50分ごろ) 最終順位1015位(424位から6連敗→3連勝) 最終レート1970

f:id:azure_pokemon:20200201120711j:imagef:id:azure_pokemon:20200201120715j:image

f:id:azure_pokemon:20200201120853j:image

f:id:azure_pokemon:20200602213041j:image

※1枚目メイン最高順位、2枚目メイン最終順位、3枚目サブ最高順位の画像です。

 

パーティ紹介

 

ギャラドス@命の珠

特性:自信過剰

性格:陽気

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値:171-177-99-*-120-146

技:滝登り 飛び跳ねる ウィップ 竜舞

 

当初は前期と同じラムで採用してましたが、相手に攻撃を赤ゲージで耐えられることが多かったので終盤になって持ち物を命の珠に変えました。

状態異常入れられて負けた試合より珠で確定数がズレたおかげで勝てた試合の方が多かったので持ち物を変更したのは正解だったと思います。

ギャラでダイマックス切ってダイスト→雨で炎技半減にする→ニダンギルが炎技を耐えて返しの攻撃で落として勝利といった展開も何回かありました。

余談:珠ギャラドス(177*1.3=230.1)の一致ダイジェ、ダイストが意地メガバシャーモ(233)の一致飛び膝とほぼ同等の火力なので何となくダメージ感覚が掴めることも多かった気がします。

 

ドリュウズ@気合の襷

特性:型破り

性格:陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:185-187-81-*-85-154

技:地震 岩石封じ ドリル ステロ

 

前期からの続投枠です。

基本的にステロ撒いて岩石封じでS操作したり地震で削ったりして裏へのお膳立てをすることが多かったです。

ステロ見せたら大体ドリルはないと思われるので物理受け後出しされることも少なくなかったです。

物理受けに対しては思考停止ドリルを打って突破ということも多々あり運勝ちを拾えるポケモンでもありました。

アーマーガアに対してドリル打つ→外す→ドリル回避でダイマックス消費させるといった圧力をかけることも前期までは多々ありましたが、ニダンギルで起点にするのでドリル選択せずにニダンギルに素引きすることが多かったです。

最終日ドリル打ったのは1回か2回のみだったのでドリルの枠はアイへの方がよかった気がします。

 

サザンドラ@バンジの実

特性:浮遊

性格:臆病

努力値:4-0-0-252-0-252

実数値:168-*-110-177-110-165

技:悪波 ラスカ 悪巧み 身代わり

CS:ぶっぱ

HP:端数(4n)

 

前期からの続投枠で入れましたが、今期は前期ほど選出機会は多くなかったです。

ニダンギルと合わせて擬似的にサザンガルドみたいな感じで相性補完できる点は強いと感じました。

拘ってるサザンが増えたことで身代わり巧みサザン警戒の動きをされることが減った気がしたので出した時に刺さることも多かったです。

余談:ブラッキーに対してサザン後出し→イカサマ受ける→身代わりで欠伸透かし→(悪巧みする読みで)相手ドラパルト後出し→悪の波動で相手のドラパ撃破→イージーウィンといった展開も結構多かったです。

 

ニダンギル@進化の輝石

特性:ノーガード

性格:呑気

努力値:244-228-36-0-0-0

実数値:165-159-192-*-69-36(最遅)

技:ジャイロボール 聖剣 影打ち 剣舞

HB:意地珠ドリュのダイアース、陽気鉢巻ダルマのフレドラ確定耐え

HD:臆病キッスの大文字確定耐え

S1最終22位瞬間最高12位珠ギャラ軸びっくり対面構築 - えいすといぼっくす

調整はこちらの記事のものを参考にしました。(無断引用のため問題があれば削除します)

 

今期のMVP枠です。

ある仲間大会に参加していた時にニダンギルの想像以上の物理耐久と火力を前に手も足も出なかったことで強さを知り、前期の構築できつかったナットや電気技持ちの格闘に対してもこのポケモンが強いのではないかと思ったので今回入れました。

前期の構築で解答が見つからなかったミミドサイ、ヌルアントあたりの並びに対してもいい感じに強く出れたので今回このポケモンに気付けたことは大きかったと感じました。

割と物理3体選出されることが多く、このポケモンがかなり刺さって3タテといったことも多かったです。

ダイスチルでBアップ、ダイナックルでAアップ、ダイホロウで相手のBダウンとダイマックスした時の追加効果と相性がいい点も強いと感じました。

相手が飛び跳ねるやゴーストダイブダイマックスターン枯らしを狙った場合でも特性のノーガードのおかげで技を当てることができる点も強いと感じました。(使い始めの頃特性の仕様が頭に入ってなかったため技が当たって困惑したのは内緒)

相手の零度や地割れが必中なので当たってもキレないようにしました。(2敗)

特殊耐久面はダイマックスしても一致抜群技で半分以上削れるため過信はしないように気を付けました。

 

ニンフィア@食べ残し

特性:フェアリースキン

性格:控えめ

努力値:244-0-228-12-4-20

実数値:201-*-114-145-151-83

技:ハイボ マジフレ 欠伸 身代わり

HB:ステロ+陽気ドリュのアイへ最高乱数以外耐え

S:4振りバンギ抜き

C:余り

D:端数

 

欠伸ループ枠兼サザンドラに選出圧力をかける枠です。

ドリュでステロを撒いてニンフィアで欠伸ループをして定数ダメージを入れつつ相手を1体眠らせて後続で積みの起点にする動きが無難に強かったです。

相手がダイマックスしてダイサンダーやダイフェアリーで眠るのを回避するのを読んでニンフィアダイマックス消費→ダイウォールといったリスクの大きい行動をすることもありました。(ドリュが残ってる場合はドリュに引いてダイサンダーを透かすといった動きもできました)

マジフレの枠に関しては守るに変えて欠伸守るで確実に眠らせることも考えましたが、相手の特攻を下げてお膳立てしたりダイマックスしてダイバーン→晴らして後続ダルマのフレドラの火力上げみたいな動きをしたりすることもあったので一長一短だと感じました。

 

ヒヒダルマ@拘りスカーフ

特性:五里霧

性格:陽気

努力値:4-76-4-0-172-252

実数値:181-170-76-*-97-161

技:冷凍パンチ フレドラ 馬鹿力 とんぼ返り

HD:臆病サザンの大文字確定耐え

S:最速

A:余り

B:端数

 

構築変更して受け要素が消えてからメタモンを選出することがなくなったため6枠目に入れました。

ニンフィアサザンドラに選出圧力をかけてるのもあるので、サザンドラ意識の耐久調整をしないで普通にASベースにしてもいいと途中までは思ってましたが、最終日はこの調整が生きる場面が多かったのでDに振って正解でした。

こいつが初手ミラーで同速負けして数的不利を取った場合一気に敗色濃厚になることも多かったです。(ミラーでの同速対決勝率体感2割)

 

選出率は体感ドリュ>ニダンギル>ギャラ>ニンフ>サザン>ダルマだったと思います。(3位以降は大差ない気がします)

 

選出(思いついただけ)

ヌルアントドラパ:ニダンギルニンフィア@1

ミミドサイ:ドリュニダンギル@1(大体ギャラ)

ドラパミミパルシェンみたいな対面の並び:ダルマニダンギル@1

受け構築:ドリュサザン@1

ステロ要員+ブラッキー+エースみたいな並び:ドリュニンフ@1(大体サザン)

 

辛いポケモン

ネギガナイト:特性と相まって結構きついです。 相手にいる場合はギャラかニンフィアは半強制的に選出してました。

ドロポン持ちパルシェンニダンギルパルシェンは見ているため考慮しません。来たら終わります。

後続のHB水ロトム:HCならダイマックスしてもステロ+珠ギャラのA+1大草原で返り討ちにできるのですが、耐久振りだと耐えられて返しの攻撃で落とされるためギャラで見る前提の選出した場合でHBだときついです。サザン出せば何とかなりますが、大抵こういう場合取り巻ききつくてサザン出せないことが多かったです。

 

終わりに

シーズン2お疲れ様でした。

今期は前期重かったポケモンに対応できた点は良かったのですが、最終盤上位でよく見た並び(カバサザンガルドカビゴン)に対して安定する解答を見つけ出せなかった点が反省点だと感じました。

来期は別系統の構築に手を出すかもしれませんが、今期の反省点は来期以降に繋げて引き続き頑張っていきたいと思います。

 

ここまで閲覧ありがとうございました

剣盾シーズン1使用構築 8世代皆無ドリュギャラ(最終697位)

f:id:azure_pokemon:20200102160439j:image

※サムネ用

 

 

はじめに

皆さんこんにちは

剣盾シーズン1で一応最終3桁順位を達成できたので簡潔ではありますが記事を書いていきたいと思います。

TN:エリィ 最高順位692位(1/1午前2時20分ごろ) 最終順位697位 最終レート2036

f:id:azure_pokemon:20200102155810j:image

f:id:azure_pokemon:20200102160152j:image

f:id:azure_pokemon:20200602212916j:image

※最高順位(1/1午前2時20分ごろ)と最終順位の画像です

 

今回の構築名の由来はパーティに8世代のポケモンが1体もいなかったことからこの名前にしました。

 

パーティ紹介

バンギラス@弱保

特性:砂起こし

性格:勇敢

努力値:236-60-212-0-0-0

実数値:205-178-157-115-120-72

技:ロクブラ 噛み砕く アイへ 火炎放射

HB調整:陽気珠ミミッキュのダイフェアリー最高乱数切り耐え、余りA

 

マスターまで上げる時に使用していたスズさんのレンタルパのバンギの調整をそのまま使用しました。

命中8割のエッジは自分が命中不安恐怖症だったのもあり採用できなかったのでダイロックで威力130出せてかつ命中90で身代わり貫通を狙うことも可能なロクブラを採用しました。

このポケモンは初手で投げてダイマックスして数的有利を取る役割で当初は採用してたのですが、パーティ迷走した結果最終的にドリュギャラ@1選出が基本選出になったためドリュウズと並べてバンドリュに見せる役割に変わっていました。

 

ドリュウズ@襷

特性:型破り

性格:陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:185-187-81-*-85-154

技:地震 岩石封じ ドリル ステロ

 

7世代で言うところの襷ランドロス的な感覚で初手に出すことが1番多かった枠です。

基本的にステロ撒いて岩石封じでS操作したり地震で削ったりして裏へのお膳立てをすることが多かったです。

ステロ見せたら大体ドリルはないと思われるので物理受け後出しされることも少なくなかったです。

物理受けに対しては思考停止ドリルを打って突破ということも多々あり運勝ちを拾えるポケモンでもありました。

 

ギャラドス@ラム

特性:自信過剰

性格:陽気

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値:171-177-99-*-120-146

技:滝登り 飛び跳ねる ウィップ 竜の舞

 

終盤になってから入れた枠でしたが、相手のパーティを見てドリュ+ギャラで行けそうなことが多く選出する機会も多かったので選出率は上位になりました。

サブウェポンには今回ミトムや水無効枠に有効打点となるウィップを入れました。

4枠目には竜の舞を入れましたが、竜の舞を選択する機会がそこまでなかったためこの枠には挑発を入れてもよかった気がしました。

 

ドヒドイデ@ヘドロ

特性:再生力

性格:穏やか

努力値:252-0-4-0-252-0

実数値:157-*-173-73-213-55

技:熱湯 毒々 トーチカ 再生

 

途中ドヒドアーマーガア使ってた時の名残で残留した枠です。

物理ドラパとあまりマッチングしなかったため今回は特殊受けで採用しましたが、自覚が酷すぎるという理由でアーマーガアを解雇してからこのポケモンを選出する機会が減ったためこの枠は要検討枠だと思いました。

 

サザンドラ@バンジ

特性:浮遊

性格:臆病

努力値:4-0-0-252-0-252

実数値:168-*-110-177-110-165

技:悪波 ラスカ 悪巧み 身代わり

調整:HP4n、CSぶっぱ

 

ドリュギャラ選出だとアーマーガアに対する突破手段がドリルのみで安定しないため受けに強めな特殊積みアタッカーとして採用しました。

このポケモンは低速ポケモンに対しては結構強い印象がありました。

 

メタモン@スカーフ

特性:変わり者

性格:勇敢

努力値:252-0-0-0-0-0

実数値:155-*-*-*-*-* ※S0個体

技:変身

 

受け構築+メタモンが強いということでドヒドアーマーガア使ってた時に入れたポケモンで、刺さる時はこのポケモン1体で逆転勝利を導いてくれることも多かったのでこのポケモンは入れ得だと思いました。

積み構築に対しては割と出した気がします。

余談:今回はHP252振りしかしませんでしたが、マタドガスの化学変化ガスのことも考えてDにも252振りした方がよかった気がしました。(シーズン終了後に構築記事を見た時にこのことに気付きました)

 

この構築でのおおよその選出率はドリュ>ギャラ>メタモン≧サザン>バンギ>ドヒドだったと思います。

 

選出

選出はドリュギャラ@1が1番多く、相手のパーティに合わせて刺さりそうなポケモンを3体選出することが多かったのでこれと言ったような選出はあまりなかったです。

 

 

辛いポケモン

ナットレイ:守る持ちの場合ギャラドスが押されるため選出が歪みます

電気技持ちの格闘(特にローブシン):パーティ全員が抜群取られるので本当に厳しいです ルチャブルならメタモンでコピーして掻き乱すことがまだ可能ですが、ブシンはドレパンで全回復するため本当に厳しいです(ドリュが襷を盾に居座ってドリル当てるかギャラ対面ダイマックスしないこと祈るぐらいしか方法がないです)

 

終わりに

シーズン1お疲れ様でした。

今期は流行とかが分からなかったこともあったので強そうなポケモンを詰め込んだような構築になってしまい半端な結果で終わってしまいました。

周りが結構2桁順位を出してる中で不甲斐ない結果だとは思ったので来期は生活に支障を来さない範囲で今期より上の順位で終われるよう頑張りたいと思います。

 

ここまで閲覧ありがとうございました

USUMの振り返り

 

はじめに

自己満足ではありますが、ウルトラサンムーンの各シーズンの結果と使用構築を振り返りながら書いていきます。(自分語りもあるので注意)

アイキャッチ画像に関しては2100乗った時のPGLのランキングのスクショをチョイスしました。

 

シーズン7

メイン:最高レート2015最終レート2015 ※画像は20チャレ成功前のものです

↓↓使用構築↓↓

シーズン7使用構築 先制カバマンダポリZ(最高・最終レート2015) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20180114162146p:plain

 

シーズン7ではステロ+積み展開に手を出しました。

このシーズンはシーズン終了1週間前に100戦以内でレート2000達成することができたので終盤頑張ってもう1ロムも2000に乗せて最終盤2000から潜ろうと意気込んだのですが、その矢先にインフルに感染してしまったため体調面を考えて撤退せざるを得ませんでした。

 

シーズン7の構築記事で「悔しさをバネに来期こそ2100を目指す勢いで頑張りたい」と書いたのですが、その翌シーズンに本当にあの出来事が起こるとはこの時思っていませんでした...

 

シーズン8

メイン:最高レート2032最終レート2032

サブ:最高レート2100最終レート2100 ※画像は21チャレ成功前のものとPGLの証拠画像の2枚を貼りました

↓↓使用構築↓↓

シーズン8サブロム使用構築 双竜2Zカバガルド(最高・最終レート2100 最終83位) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20190907141659p:plain

シーズン8メインロム使用構築 疑似竜舞バシャグロス(最高・最終レート2032 最終145位) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20190907141510p:plain

自身初の2100を達成したシーズンです。

シーズン8はメインでは剣舞バシャバトン、サブではカバマンダガルドを使用しました。

このシーズンはシーズン終了1週間前時点で2ロム2000に乗せ、最後の土日で一気に勝負をかけました。

メイン:2001から潜って3勝1敗で2032まで上げたところでやめ(サブ2050まで上げたら潜ろうと考えてましたが、サブが2100乗って燃え尽きたことで潜らずに撤退しました)

サブ:2002から潜ってしばらくは2000近辺停滞してましたが、連勝の流れが来て4連勝で2059まで上がり当時の自己最高を更新して止めずに潜った結果、そこから更に3連勝して2100に到達することができました。

この時は冷Bで体感3割ぐらい凍ったり、フレドラで火傷を結構引いたりなど運も全体的によかったので上振れ感は否めませんが、それでも2100乗った時は嬉しかったです。

2100確認した時に確認するので精一杯でレート画面撮れなかったこととちゃんと反映されてるか不安で3時半の更新来るまで起きてたのは今ではいい思い出です。

 

シーズン9

シーズン9を終えての感想、終盤のKP、来期の抱負 - 未熟TRAINER

※この記事にシーズン終了後振り返り記事を書いてたのでこの記事を見た方が早いです

 

メイン:最高レート2004最終レート2004

↓↓使用構築↓↓

シーズン9終盤使用構築 即興制作カバマンダ(最高最終2004) - 未熟TRAINER

 

このシーズンは中盤まで遠吠えスタンみたいな並びを使い、サブロムは勝率7割↑で1900に乗ったのですが、メインで潜った際70戦ぐらい1700半ばで停滞したためシーズン6の構築と並びだけ一緒の型が結構違う奴を使いました。

変えた途端に1700中盤から10連勝以上して一気に1900まで上げることが出来たため最終盤はこの構築で潜りましたが、1900に乗ってから結構苦戦して2000に乗るまで70戦ぐらいかかりました。

 

シーズン10

メイン:最高レート2002最終レート2002

サブ:最高レート2000最終レート2000

↓↓使用構築↓↓

シーズン10サブロム使用構築 WATERBLUEウツロマンダガルド(最高最終2000) - 未熟TRAINER

シーズン10メインロム使用構築 双竜舞々カバゲッコウガ(最高最終2002) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20191130165435p:plain

 

このシーズンは序盤はシーズン9で使った構築で潜ってましたが、1600代で停滞して伸びる気がしなかったので解散→時間差でシーズン9の構築記事を公開と言うことがありました。

構築はメインサブ共にカバマンダ@4を使用してました。(輸送面倒、懐き度の問題などから同じ型のカバとマンダを更にもう1体育成しました)

サブ:シーズン終了1週間前に1900に乗りそこから優先的に上げましたが、しばらくは1900前半で停滞し伸び悩んだためコケコの持ち物変えたりして最終盤の金曜に勝負に出て無事に2000乗せることができました。

このシーズンのサブの構築ではカバマンダにいるガルドで呑気弱保が読まれることがほぼなかったのもあってガルドでイージー取れることも多かった気がします。

メイン:土曜の時点まではメインは1905でやめようと思ってたのですが、あるイベントに参加したのがきっかけで諦めずに最終日潜りました。最終日は下からの刺客にやられまくって心が折れかけましたが、無事午前1時半ごろに2002に到達しました。

諦めないことが大事だと気付けたシーズンだったと今では思っています。

 

余談:変幻ミズZゲッコウガの枠に激流ミズZゲッコウガを入れたいと思って激流ケロマツを孵化していた際に偶然色ケロマツの個体が生まれたため王冠使って使用することを決意しました。(サブロムの構築名の由来になった瞬間です)

 

シーズン11

サブ:最高レート2007最終レート2007

↓↓使用構築↓↓

シーズン11使用構築 双舞双陰ゲコナットマンダガモス(最高最終2007) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20191130172316p:plain


シーズン7以降で1番対戦数が1番多かったシーズンでした。

このシーズンでもカバマンダを使いましたが、カバは起点型ではなくゴツメ持ちの物理受け型で使うことにしました。

シーズン最終盤の金曜まで1850にすら乗らないレベルでこのシーズンは苦戦し、1850チャレで2桁回数やっていた記憶もあります。

最終盤の土曜1850から動かした時に頭がおかしい実況者に有効急所で運だけ+勝ち確放置された挙句晒して暴言までされて頭に来て冷静さ失って一時期1700切るところまで落ちて萎えて撤退考えましたが、流れ戻して4時間後ぐらいに1920まで一気に上げることが出来たので撤退せずに日曜も潜ることにしました。(当時イライラしていた時リプやDMで話を聞いてくれたFFのお二方には感謝しています)

日曜も1900前後でしばらく停滞はしましたが、90戦ぐらい潜って1度も1840以下にはならずに抗うことができました。結構苦しいシーズンではありましたが、2000乗せることが出来た時は苦戦した分の反動もあり本当に嬉しかったです。

このシーズンは最終盤の土日だけで150戦以上潜って流石に疲れたため最終日は潜る体力がありませんでした...

 

余談:このシーズンの序盤にホズラッシュという参加条件がシーズン10の最高レート1900以上(証拠画像有)の仲間大会に参加した際1600越え達成&3位入賞といい結果を残せましたが、レートの方では1840ぐらいまでしか伸ばすことが出来ず解散することにしました。

ホズラッシュで入賞した時に使ってた構築です。(記事は書けなかったので並びだけ)

f:id:azure_pokemon:20191130173259p:plain

 

シーズン12

メイン:最高レート2017最終レート2017

サブ:最高レート2000最終レート2000

↓↓使用構築↓↓

シーズン12使用構築 加速装置ウツロカグヤ(2ロム2000達成 最高最終2017) - 未熟TRAINER

このシーズンでは別構築に手を出そうと思いFFの方のシーズン11の構築のQRパに手を出してリスペクトする元の構築を決めました。

このシーズンではウツロバシャカグヤを使用しました。

メインロムでは(QRパ除いて)15勝4敗で1760ぐらい→1907まで上げることができましたが、テテフの型で試したい型があったため別の構築で溶かしたサブロムで実験的に型を変更したテテフでサブロム潜ってみたところ1700中盤からいい感じの勝率で1880まで蘇生でき、テテフの型の変更を決意しました。

サブ:1880から5敗で2000達成することができましたが、メイン大苦戦により2000から動かせず終了

メイン:日曜は2ロム2000乗せる勢いで潜っていましたが、サブの好調が嘘のようにレート差で大体技外して負けて吸われて1900近辺から伸び悩みました。最終日は1840から潜り早い時間帯に1900まで復帰できそこから1900後半まで連勝することができましたが、レート差落としてしばらく1950近辺停滞しチャレも3回落としました。4回目のチャレで1998から格上引いて勝てて2017まで行くことができましたが、この時点で2時半で翌日も大学があったため撤退せざるを得ませんでした。

 

地味に2ロム同じ構築で2000に乗せたのはこのシーズンが初めてだったと思います。

 

シーズン13

メイン:最高レート2015最終レート1900

↓↓使用構築↓↓

シーズン13使用構築 加速装置ウツロカグヤRemake(最高2015最終1900) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20190107014350p:plain

 

このシーズンは12月中旬にレート潜り始め、最初は自分で組んだ構築で潜っていましたが使ってて運負けが多く1700すら乗る気配がなかったため使うのを2日でやめました。

パーティ案を自分で考える時間がなかったためこのシーズンもシーズン12とほぼ同じウツロバシャカグヤを使用しました。

このシーズンではサブロムは1戦も動かさずメインロム1ロム体制で特攻という形になりましたが、無事に2000達成することができました。

このシーズンはある映画を見たことがきっかけで「2000から溶かしても2000に乗った事実は消えない」って考え方を持つことが出来たため2000からも潜ることができました。(最終盤の日曜で2000近辺で8勝5敗でレート±0とか明らかにおかしいと思ったけど)

 

シーズン14

メイン:最高レート2072最終レート1917

サブ:最高レート2047最終レート1924

↓↓使用構築↓↓

シーズン14メインロム使用構築 響け!Kommoniumウツロカグヤ(最高2072最終1917) - 未熟TRAINER

シーズン14サブロム使用構築 三者陰マンダマンムーポリZ(最高2047最終1924) - 未熟TRAINER

 

このシーズンはメインではウツロバシャカグヤ、サブとサブサブではマンダマンムー軸を使用しました。

サブ:最終盤の土曜に1860から動かして1800中盤で停滞はしましたが、1900帯を1敗で駆け抜けて2000に乗りました。最終盤の日曜で2000から動かして3連勝で2047まで行きましたが、無理な型の100下と1600の運だけにやられたせいで2047→1994で53吸われて以降流れ止まって1900前半まで溶けて撤退しました。

メイン:最終盤の日曜に2000から動かして3連勝で久々に2050まで乗った後技外す戦犯のせいでレートが思うように伸びませんでしたが、他でうまく刺せたりしたおかげで2072まであげることができました。最終日も潜りましたが、初戦から命中95外し&相手のシャドボDダウン&寄生木外しのせいでほぼほぼ勝てる組み合わせの相手に負けてそこから技外しのせいで勝てる試合も落として流れ来ないまま1900前半まで溶けて撤退しました。

2100狙えるシーズンだったのに周りが結果残してる中で溶かして終了して本当にモヤモヤするシーズンでした。(この頃からもう1度2100乗せなきゃっていう焦りが出ることが増えて感情的になることが多かったです)

 

余談:8世代でドヒドナットが割と戦える並びみたいなことを耳にしたので剣盾でももし対戦する機会があればドヒドナット@4みたいな並びに手を出したいと思ってます。

 

シーズン15

メイン:最高レート2012最終レート2012

サブサブ:最高レート2023最終レート1959

↓↓使用構築↓↓

シーズン15終盤使用構築 ウツロマンダゲッコウガ双鋼@襷地面(2ロム2000達成 最高レート2023) - 未熟TRAINER

 

このシーズンは最終的にサブで1700までいい感じの勝率で行けたマンマンガルド軸だったものを使用しました。

中盤まではメインとサブサブではメガミミロップメガフーディンに手を出してたりしてましたが、1900が限界だったため解散をしました。

このシーズンからぽけっとふぁんくしょんにある対戦ログ機能を使って積極的に相手の選出などを記録するようにしました。

最終週土曜:捨てロムのサブで変更前の構築で潜ったら思うように勝てなかったため色々試行錯誤して試しましたが、どれもしっくり来なかったためメインは最初変更前の構築で潜りました。メインは1900前半で停滞こそしましたが、途中からゲッコウガの型を変えたおかげで15と16のポリドヒドグライ+ポリ2にレートドレインを回避できたため最悪の事態は回避出来ました。(メイン1907→1912)

最終週日曜:捨てロムのサブでマンムーニドキングに変えて潜ったらいい感じに勝てたのでサブサブで変えて潜って見たら1900後半に行けるようにもなり、この並びが1番いいのではと思いこの構築に賭けることにしました(サブサブ1911→1954)

最終日メイン:この構築で潜って最初5連敗して1840まで落ちましたが、その後14勝3敗で2012まで上げることができました。

最終日サブサブ:2000チャレ4回目で2000に乗せることができそこから1勝して2023まで上げることができましたが、そこからは伸びず3時間ほど1900後半で停滞して終了しました。

シーズン終了2日前に変更に踏み込めたのはよかったのですが、構築力の壁を感じるシーズンでもあったと思います。

 

シーズン16

メイン:最高レート2007最終レート2007

サブサブ:最高レート2004最終レート1912

↓↓使用構築↓↓

シーズン16使用構築 ありふれた悲しみの果てのウツロカグヤ(2ロム2000達成 最高最終2007) - 未熟TRAINER

ç»å

ç»å

 

このシーズンでは最終的にウツロバシャカグヤを使用しました。

最終盤前まではシーズン14以前と同じ並び(ウツロバシャカグヤサメレボルト@1)を使用していたのですが、1870から伸び悩んだためサメとレボルトの枠を急遽変更することにしました。

 変更は大正解で2体変更後は伸び悩んでた地点から伸ばすことができ、2ロムとも2000(片方は100戦以内2000達成)に乗せることができましたが、最終日に1割の追加効果をピンポイントで引かれまくったり技外しや相手の2連守るで勝てるはずの試合を落としたりして2000から勝つことが出来ませんでした。

このシーズンの最終日のツイートは裏では結構荒れてました。

 

余談:中盤までS11の構築とS14の構築とS15の構築を3で割ったような構築をサブロムで使っていましたが、レート1800が限界だったため使用するのをやめました。(記事は書けなかったので並びだけ) ※ドヒドの持ち物はトリック対策で氷Zにしたこともありました

f:id:azure_pokemon:20191130195132p:plain

 

シーズン17

サブサブ:最高レート2011最終レート2011

 ↓↓使用構築↓↓

S17使用構築 発売4分前2000達成ライボカグヤ(最高最終2011) - 未熟TRAINER

f:id:azure_pokemon:20191116190122p:plain

 

最後のシーズンはメインではアゴハッサム、サブとサブサブではライボカグヤ軸を使用しました。(サブサブは途中まで別構築に手を出してたりもしてました)

このシーズンは剣盾発売1週間前時点で3ロムとも1900に乗っていつもより早めにレートを上げましたが、そこから2000にはスムーズに乗れず伸び悩んで溶かした時の保険用に別の構築まで考えたりもしました。(結局そこから溶かさなかったため保健用の別の構築は使いませんでしたが)

日を改めて1900から潜ってからは連敗の流れはなくなり、いい感じで勝てるようになって無事に最終シーズンも2000に乗せることができましたが、剣盾発売後はレート差が増えて溶かしてストレス溜める可能性や勝ち切れる自信がないことから撤退を決意しました。

 

余談:USUMのメイン以外のロム(2ロム)を売ったら結構高価で買取されて驚きました。

f:id:azure_pokemon:20191130212221p:plain

 

終わりに(8世代について)

8世代については少し前までは買わない予定でいましたが、TLの盛り上がりを見て割と心が揺らいで来たため近いうちに買うかもしれないです。

対戦に関してはやるとしても上位目指さず、エンジョイ感覚でやりたい時だけやる感じで行きたいと考えています。

レイドや交換をする際にFFの方に協力を乞うこともあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。

 

ここまで閲覧ありがとうございました。

S17使用構築 発売4分前2000達成ライボカグヤ(最高最終2011)

 

はじめに

皆さん7世代お疲れ様でした。

最後のシーズンであるシーズン17でも何とか2000に乗せることができたので、構築記事の方を簡潔に書いていきたいと思います。

シーズン自体はまだ終わっていませんが、剣盾発売によってレート人口が減少してレート差マッチの多発することでこれ以上レートを上げることが困難だと判断して撤退することにしました。

 

構築名については11月14日23時56分(剣盾発売が11月15日)に2000チャレの勝負が決まったことからこの名前にしました。

TN:HeartBreak 最高2011最終2011 最終順位102位 ※11月15日3時半時点で63位

 

↓↓2000達成の証拠画像&今回の構築名の由来の画像です↓↓

f:id:azure_pokemon:20191116190122p:plain

f:id:azure_pokemon:20191116191612p:plain

 

構築経緯

今回の構築を使うに当たってこちらのスポンジさんのライボカグヤの記事を参考にしました。(引用の許可は頂きました)

S15最高&最終2132 14位 ライボカグヤ - 全ての戦いの果てに

最初はレート1700までサブロムでこちらの構築のQRを使用していましたが、使用していた際にバシャーモアーゴヨンボルトロスギャラドスあたりがきついと感じることが多かったためこれらに強めなポケモンを入れたいと考えました。

QRを使用していた際にメガメタグロスが選出率、選出時勝率共に最下位であったためメガメタグロスの枠にこれらのポケモンに比較的強めな臆病スカーフテテフを採用してこの構築で潜りました。

サブロムとサブサブロム共に1700から1900まで結構スムーズに勝つことができましたが、1900付近で50戦以上停滞したため構築を変更しようと考えました。

しかし、構築を変えて溶かして戻れなくなったら嫌だと思ったこともあったため構築は変えずに潜り続けました。

潜り続けた結果2000チャレに3回失敗した後4回目の2000チャレで勝利を収めることができ、無事に最終シーズンもレート2000達成することができました。

 

パーティ紹介

Pokémonsprite 310m1 XY.gif

ライボルトライボルトナイト

特性:避雷針→威嚇

性格:臆病

努力値:0-0-0-252-4-252

実数値:145-*-100-187-101-205

技:10万ボルト ボルトチェンジ めざめるパワー氷 毒々

パーティ唯一のメガ枠。

ボルチェンで対面操作したり毒々で相手に圧力をかけたりしました。

初手のランドとの対面で居座るかは時と場合によりましたが十中八九カグヤに引いてました。

初手でツルギやナットと対面した時は炎技警戒で相手が引くことが多かったのですが、2サイクル目で対面した際は居座られることが多かった気がします。

10万の枠に炎技入れることも考えましたが、レヒレとカグヤが炎技持ってるのもあって変更はしませんでした。

スイクン対面はミラコor引く読みで初手毒選択→ミラコを毒で透かした後2ターン目にボルチェン選択すると大抵熱湯が飛んできました。

 

Pokémonsprite 797 SoMo.gif

テッカグヤ@食べ残し

特性:ビーストブースト

性格:生意気

努力値:244-0-164-0-100-0

実数値:203-121-144-127-147-72

技:ヘビーボンバー 火炎放射 寄生木の種 守る

物理も特殊もある程度受けれる枠。サイクル回す時にやどまもで定数稼いだりすることも多いので自然と選出率が高めになりました。

持ち物を半分回復実にして守るの枠にめざパ氷か地震あたり入れることも考えましたが、結局技構成は変えませんでした。

 

Pokémonsprite 788 SoMo.gif

カプレヒレ@ミズZ

特性:ミストメイカ

性格:控えめ

努力値:156-0-4-204-4-140

実数値:165-*-136-155-151-123

技:波乗り ムーンフォース 瞑想 めざめるパワー炎

C:Z波乗りで最低乱数以外H4振りレボルト確定1発

HD:特化レボルトの10万ボルト75%耐え

S:準速70族抜き B:端数

参考にした構築だとドロポンを採用していますが、命中不安恐怖症のため波乗りを採用しました。

そのため、原作よりもHPを削ってCに割きました。

ナットドランみたいなサイクルに対して本当に強かったです。(めざ炎考慮されずにナットでレヒレ見てくれる人が多かったのでイージーウィン狙えることも少なくなかったです)

余談:実は構築記事でコケコ入り、テテフ入り、ブルル入りのものは過去に書いたことがあったのですが、レヒレ入りの構築記事は今回初めて書きました。(毒とミストフィールドがアンチシナジーで毛嫌いしてたところが自分の中でありましたが、今回使ってみるとそこまでアンチシナジーに困ることはなかったです)

 

Pokémonsprite 445 Weiblich XY.gif

ガブリアス@ヤチェの実

特性:鮫肌

性格:陽気

努力値:156-4-4-0-92-252

実数値:203-151-116-*-117-169

技:地震 岩石封じ ステルスロック 毒々

電気枠やリザY、ガモスに対して安全に後出しできる枠でステロまいたり物理受けに毒を入れたりしてサイクルに潤滑油を入れる枠です。(虫ZガモスやフェアリーZコケコなどのZが来た場合は割り切るしかなかったです)

 

Pokémonsprite 248 XY.gif

バンギラス@アクZ

特性:砂起こし

性格:意地っ張り

努力値:0-252-0-0-4-252

実数値:175-204-130-*-121-113

技:噛み砕く 岩雪崩 竜の舞 挑発

原作だとストーンエッジを採用してましたが、QRを使ってる時に毎回精神がすり減ったため命中率が高く舞った後上から怯みでワンチャン狙うことが出来る岩雪崩に変更しました。(仮に岩Z型で採用する場合は変えずにエッジにしてました)

岩Zか悪Zでどっちにするか選択でしたが、パーティ全体でガルドに決定打を与える枠がいなかったことと物理受けの地面にも通る方の悪Zを原作と同じで採用しました。

 

Pokémonsprite 786 SoMo.gif

カプテテフ@拘りスカーフ

特性:サイコメイカ

性格:臆病

努力値:0-0-0-252-4-252

実数値:145-*-95-182-136-161

技:サイコキネシス サイコショック ムーンフォース シャドーボール

原作だとメタグロスが入ってた枠でしたが、選出率と選出時勝率共に最下位だったため変更した枠です。

パーティ全体でバシャ、ギャラ、レボルト、アゴあたりが特に重く感じることが多かったため、そこらへんに上から殴ることができるポケモンとして臆病スカーフテテフを採用しました。

臆病で採用した理由はS1段階上がった準速100族の上を取れるようにするためです。

初手で出すこともフィニッシャーで出すことも多かったです。

意外とスカーフテテフが一貫する選出をされることが多かったり、最速スカーフ考慮しない動きをしてくれる相手が多かったのでスカーフテテフを通せる試合は思ったよりも多かった気がします。

 

今回の構築での6体の選出率です。(2000達成ロムでは中盤まで別構築使用、サブロムでも本構築使用のため対戦数がレート画面のものと合ってないです)

f:id:azure_pokemon:20191116191908p:image

 

選出パターン

カバマンダ系統:ライボカグヤ@1(大体Z枠どっちか)

リザグロス系統:レヒレカグヤ@1(ガブorライボ)

ミミロップ軸:テテフカグヤ@1

受け構築:バンギライボ@1(レヒレorカグヤ) 2Z選出することも珍しくなかったです。(2Z選出の場合は大体バンギでZ打って崩してました)

積み構築:テテフガブ@1(レヒレorカグヤ)

ガルランド:ライボカグヤガブ(ほぼ確定)

 

辛いポケモン(ぱっと思いついたものだけ)

虫Zガモス:ガブ後出しが効かないため高確率で崩壊します 最速の場合舞われたらテテフでも止められません

めざ電気ゲッコウガ:レヒレカグヤで見る前提の場合一貫取られてきついです 草Zなら1回カグヤに引くことでまだ対処できるんですけどね...

その他諸々の唐突に来る電気Z:レヒレカグヤが一貫して削られるので辛いです コケコの電気Zならよくいるから何とかなるけどバシャとかラティから飛んでくるのは基本考慮しません

撃ち落とす身代わりランドロス:身代わり残った状態でライボが対面した場合は返り討ち、テッカグヤも身代わり割れずに起点にされるため辛いです ライボカグヤ@1(ガブorバンギ)の場合は後手に回ることが多かったです

マンムー:はたき持ちだとカグヤでも結構削られるためきついです 氷Zマンムーに今期2回当たったのは事故だと思いたいです...

陽気メガバシャ:臆病スカーフテテフでも上取られるので辛いです

オニゴーリ:初手で回避上げんな フリドラで当然のように凍らすな 零度1発で当てんな レート差で当たると大抵運だけされたので本当に殺意しか沸かなかったし不快な面見せんなクソ顔面死ね

 

終わりに

改めて7世代お疲れ様でした。

USUM(シーズン7以降)全シーズンでレート2000達成できたこととシーズン8でレート2100達成できたことは嬉しかったのですが、シーズン8で達成して以降もう1度レート2100に乗せることが出来なかったことは悔しく感じました。

剣盾は現時点でswitchを購入していないためプレイできず、それに伴いオンライン対戦の方も7世代のシーズン17をもって無期限休止しようと考えていました。

11月27日追記①:シーズン18があるみたいですが99%潜らないと思います。

11月27日追記②:ツイッターのTLを見て気が変わってSwitchとソードシールドのロム(おそらく1ロムのみ)を買うことも考えるようになったので、8世代もポケモン自体はやるかもしれないです。(オンライン対戦の方はやるとしても7世代みたいに上位を目指して潜らないと思います)

7世代では色々ありましたが、ツイッターで周りのFFが頑張って結果を残してる姿を見て自分も頑張ろうと思えたのでやめずに最後まで頑張ることができました。

近いうちに7世代を振り返る記事も投稿したいと考えています。

ここまで閲覧ありがとうございました。

 

 

青世界杯Final 大会要項

f:id:azure_pokemon:20180715225326j:plain

※サムネ用

 

 

【主催・開催日時】

主催:アズール(@Azur_yousoroZ)

日時:10月5日(土) 20:00~24:00

 

【ルール】

仲間大会形式

シングルレートシーズン17のレギュレーションに準拠

持ち時間制(10分) 対戦回数:最大15試合

特にルールの縛りはないので気軽にご参加下さい。(複数ロムで参加もOKです)

 

【参加方法】

下のリンクにある仲間大会のページに行ってチェックボックスにチェックを入れた後、エントリーするを押してください。

3ds.pokemon-gl.com

 

【大会の景品】

第6回大会から景品を渡す人数に関してはエントリー人数によって変更という形に変わりました。

エントリー人数100人未満の場合:景品枠1枠

エントリー人数100人~149人の場合:景品枠3枠

エントリー人数150人~199人の場合:景品枠4枠

エントリー人数200人以上の場合:景品枠5枠

 

景品の優先度:1位>2位>3位>主催の前の順位の人>主催の後の順位の人

 

景品1:通常色カミツルギ(臆病A個体値20or21) ※日本語ロム産、NN変更可、画像はレベル60の時のもの(渡す個体はリゾートで中途半端にレベル上げしたレベル64のものです)

ç»å

 

景品2:色違いヨーギラス(意地、HDSV、竜舞遺伝) ※日本語ロム産、NN変更可

f:id:azure_pokemon:20190917212531j:image

f:id:azure_pokemon:20190917212539j:image

 

景品3:色違いダンバル(意地、C抜け5V) ※英語ロム産、FFの人に代行孵化を依頼したためNN変更不可

f:id:azure_pokemon:20190922204822j:image

f:id:azure_pokemon:20190922204827j:image

 

景品4:色違いモノズ(臆病5V、A個体値17) ※英語ロム産、NN変更可

f:id:azure_pokemon:20190922164048j:image

f:id:azure_pokemon:20190922163514j:image

 

景品5:通常色ケロマツ(変幻自在、臆病A0、めざパ電気) ※孵化乱数使用、英語ロム産

f:id:azure_pokemon:20190704020519j:image

 

 

【諸注意】

配信については自由です。

対戦相手に対する誹謗中傷、改造個体の使用、トス行為、故意の切断などの違反行為は絶対におやめください。

大会に関するツイートをする際は「#青世界杯」のタグをつけて頂けると嬉しいです。(任意なのでタグつけなくても大丈夫です)

 

【終わりに】

今回が最後の青世界杯になりますが、いつも通り大会を盛り上げたいので奮ってご参加の方をお待ちしております。

 

ここまで閲覧ありがとうございました。

シーズン16使用構築 ありふれた悲しみの果てのウツロカグヤ(2ロム2000達成 最高最終2007)

 

はじめに

今期が7世代ラストシーズンという噂があり、どの構築使おうか考えた時に使用歴が長い構築を使うのがいいと思ったので1つはウツロ始動の毒びしステロ展開の構築を使うことに決めました。

今期はウツロカグヤ系統の構築で自身初の100戦以内2000を達成できたのですが、そこからピンポイントの冷B氷や10万麻痺バグ、膝外し、寄生木外し、相手の滅びゲンガーの2連守るなどが発生し怒涛の連敗によって2000に戻すことができず悲しみに暮れました。

今期の構築名は楽曲名から取りました。(隠しロムのTNはその曲の歌詞の一節です)

 

TN:アズール 最高2007最終2007 最終順位184位

TN:HeartBreak 最高2004最終1912 最終順位494位 ※98戦66勝32敗で100戦以内2000達成

 

↓↓証拠画像です↓↓

ç»å

ç»å

f:id:azure_pokemon:20190903081953p:image

 

パーティ紹介

f:id:azure_pokemon:20190903081139g:image

バシャーモバシャーモナイト

特性:加速

性格:意地っ張り

努力値:0-236-0-0-20-252

実数値(メガ後):155-231-100-*-103-152

技:フレアドライブ 飛び膝蹴り 守る バトンタッチ

D:ゲッコウガの水手裏剣意識の20振り

S:準速 A:余り(11n)

選出率4位

 

ウツロでステロなどまいてバシャで全抜きする際に素早さよりも火力の方が欲しいと思ったので、意地っ張り個体で採用しました。

バトンはカグヤorレボルトにつなぐことが多かったです。

バシャの刺さりがいいと思った時は初手で出して圧力をかけに行くこともありました。

初手でランドロスと対面した時で初手から地震を打たれた場合はカグヤに素引きしました。(陽気スカーフだと1加速メガバシャの上から殴られるため)

初手のミミロップ対面は膝を選択しました。(ロップの膝が高乱数じゃなければバシャは耐えるので耐える前提で行動しました)

3タテ狙える構築に対して膝外した時は本当にムカつきました。

膝の命中100にしろ

 

Pokémonsprite 793 SoMo.gif

ウツロイド@気合の襷

特性:ビーストブースト

性格:臆病

努力値:4-0-0-252-0-252

実数値:185-*-67-179-151-170

技:パワージェム 電磁波 ステルスロック 毒菱

選出率1位(ほぼ100%)

 

今回の起点枠です。8割がた初手に出してました。

隙を見てステロ、電磁波、毒菱をまいて後続でハメることが出来るようにお膳立てをすることがほとんどでした。

相手にレヒレがいる場合は優先的に毒びしを打つことにしました。(ミストフィールド前に毒びしの判定が出るのでレヒレにも毒を盛ることができます)

相手にカビゴン、ポリ2あたりがいてバシャ選出してない場合は毒びし優先、リザードンやギャラがいる場合はステロ優先というように色々気を付けたりもしました。

初手にバシャ、控えにウツロみたいな選出をしてバシャバトンをウツロにつないでS+1状態でステロまいたりパワジェしたりすることもたまにありました。

 

Pokémonsprite 797 SoMo.gif

テッカグヤ@食べ残し

特性:ビーストブースト

性格:臆病

努力値:36-0-52-68-100-252

実数値:177-*-130-136-134-124

技:エアスラッシュ 寄生木の種 身代わり 守る

HP:16n+1

HB:A特化ランドロスの岩石封じを身代わり81.3%耐え

S:臆病最速ギルガルドに対して隙を見せないように最速

HD:C無補正252振りアーゴヨンの大文字で身代わり貼れるHPが残る

C:余り、BBでCアップ

選出率2位

 

ウツロイドで電磁波やステロをまいた後に上から身代わりをして相手が動けなくなったところに寄生木を入れてジワジワ削ったり、エアスラでまひるみを狙ったりして詰めに行くことが多かったです。

加速してない状態でもS振ってないヒトムやレヒレ、ABミミッキュなどに対して上から身代わりや寄生木を打てるのは強く感じました。

今までと違いCに厚めに割いたことで処理速度を早めることもできました。(Cに振ってない調整の時隙を見せることが多かった意地HDメガマンダに対してC+1状態なら確実に身代わりを破壊することができるのも結構大きいと感じました)

寄生木やエアスラを大事な場面で外すのは本当に勘弁してほしいと感じました。

 

f:id:azure_pokemon:20190903081206g:image

アーゴヨン@ホノオZ

特性:ビーストブースト

性格:臆病

努力値:4-0-4-236-12-252

実数値:149-*-94-177-95-190

技:ヘドロウェーブ 火炎放射 悪巧み 身代わり

BD:DL調整 S:最速 C:余り B:端数

選出率6位

 

ヒレヒトムグロスあたりに結構強めな枠です。

少し前にミミロップ軸使ってた時に使ってたアーゴヨンを前のジャラランガの枠に入れるのもありな気がしたので採用しました。

身代わりで剣舞したクチートの不意打ちを透かせたり、胞子などの補助技を透かせたりもできるので強かったです。

こいつの止まるポケモンに対してバシャが大抵強かったりもしたのでバシャと同時に選出といったことも珍しくなかったです。

ウツロで電磁波まいたりする→アゴで身代わりして隙を見て積むと言うことも少なくなかったです。

相手のパーティにガッサいる場合は初手で来ることが多かったのですが、別のポケモンが来てやられたり胞子でアドを取れなかったりする事態が今期は多かったです。

持ち物6割のドラゴンZ無警戒でマンダやリザやジャラが居座ってくるのは考慮しません。(基本的に有利対面だと思ったら身代わりします)

ドランに有効打ないためドラン入りには100%出しませんでした。

 

f:id:azure_pokemon:20190903081225g:image

カプコケコ@デンキZ

特性:エレキメイカ

性格:臆病

努力値:0-0-0-252-4-252

実数値:145-*-105-147-96-200

技:10万ボルト めざめるパワー氷 草結び 瞑想

選出率5位

 

カバマンダ系統、激流ゲッコウガ、受けサイクルに強めな枠として採用しました。

サブロムで襷ランドロス展開の構築を使った際にステロ+瞑想コケコでいい感じになることが多かったので刺さるのではないかと思って入れました。

コケコを入れたことで前の構築で発生していた素の状態でゲッコウガの上を取れるポケモンがいないという欠陥も解消することができました。

 

f:id:azure_pokemon:20190903081312g:image

サザンドラゴツゴツメット

特性:浮遊

性格:臆病

努力値:236-0-4-4-12-252

実数値:197-*-111-146-112-165

技:悪の波動 挑発 身代わり 羽休め

S:最速 BD:DL調整のB<D H:余り C:端数

HB:身代わりが陽気ランドロスの岩石封じ確定耐え

http://captainpoke.hatenablog.com/entry/2019/06/18/090000

ゴツメサザンドラはこちらの記事のものを参考にしました。(引用の許可は頂きました)

選出率3位

 

受け破壊枠兼エスパーの一貫切れる枠として最終日2日前から採用しました。

受けループ対策枠にはレボルトを採用してましたが、グライのギロチン1発被弾にイラつくことが多かったので、ギロチングライにもかなり強めな受け対策枠として今回サザンドラを採用しました。

元記事に毒と噛み合う点で相性がいいと書いてあり、「毒びしやステロと合うのでは?」と思って終盤に急遽育成してパーティに入れたら想像以上に強く相手を半壊させることも多かったです。

地震ワンウェポンのカバを封殺できるのも本当に強かったです。

(毒びしをまいた状態で)ミミッキュ後出しされる→サザンドラ挑発→相手釣り交換しかける→(確定で上取れるので)身代わりで居座るみたいなことも多かったです。

元々初手剣舞ギルガルドで6タテされる構築でしたが、サザンドラの採用によって6タテの阻止もできるようになりました。

あとゴツメでスリップダメを入れることが出来るのも偉大に感じました。

B実数値110と111で陽気ランドロスの岩石封じの乱数が変わるということをダメージ計算の時に知ったため元の記事の調整からわずかに改変しました。

このポケモンは毒びしと合わせて粘ることが出来る点が強かったのですが、個体の自覚のなさが原因で最終日は冷B1発氷や10万1発麻痺を引きまくったことで唯一の負け筋を作ることも多かったです。(持ち物ラムの実にした場合ゴツメのスリップダメ入れられなくなるので持ち物変更に関してはあまり考えませんでした)

このポケモン1体で相手を崩壊させることも多かったので追加効果さえ引かなければ本当に強かったです。(最終日の相手の10万ボルトでの麻痺率4/5)

カバ封じるために入れてたのに最終日馬鹿力カバとかいう希少種引いた時は世界壊したくなった

 

サザンドラアーゴヨンを見間違えて選出ミスしてはいけない(2敗)

 

入れてたポケモン

f:id:azure_pokemon:20190903081409g:image

ボルトロス@デンキZ

特性:蓄電

性格:控えめ

努力値:196-0-52-36-4-220

実数値:179-*-97-187-101-149

技:10万ボルト めざめるパワー氷 悪巧み 挑発

HB:陽気メガグロスの冷凍パンチ確定耐え、陽気メガギャラの氷の牙75%耐え

HD:C特化テテフのフィールド下サイキネ確定耐え

S:準速ミミッキュ抜き C:余り(11n)

 

受け構築、レヒレカグヤ、カバマンダあたりに強めで電気の一貫も切れる枠として入れました。刺さってる時以外はあまり選出しませんでした。

今までは臆病で使ってましたが、バシャバトンレボルトだとS過剰な気がしたので色々と調整した控えめHSベースに変更しました。

ギロチン1発被弾は運負け

 

f:id:azure_pokemon:20190903081454g:image

サメハダー@サメハダナイト

特性:加速→頑丈顎

性格:意地っ張り

努力値:0-252-0-0-4-252

実数値(メガ後):145-211-90-*-86-157

技:噛み砕く 氷の牙 身代わり 守る

調整:メガ前DL対策B<D

選出率4位(約30%)

 

今回の裏メガ枠として入れてました。

裏で削るor毒びしで毒を入れるor寄生木を入れる→メガせずまもみが&加速しながら毒や寄生木でジワジワ削る→圏内に入ったらメガして弱った相手を噛み砕いて突破することが多かったですが、選出率の低さからパーティから外すことにしました。

 

選出パターン(パッと思いついたものだけ)

カバマンダガルド:ウツロ@2(コケコカグヤサザンの中から2体)

リザグロス:ウツロ@2(バシャアゴカグヤの中から2体、レヒレかガッサ同居の場合はアゴを優先して選出)

ガルランド:ウツロカグヤ@1(バシャorサザン)

ヒレヒトムグロスアゴウツロカグヤ(大体この3体選出)

受け構築:ウツロサザン@1(コケコorカグヤ)

 

辛いポケモン

腹太鼓カビゴン:色々と狂うからきついです。バシャ選出してない場合は崩壊します。

唐突な高速スピン、霧払い:やめてね。

剣舞ギルガルド:サザン選出してないと高確率で半壊以上します。

バシャーモ:フレドラの反動や毒まもで削るかバシャで先に展開するかぐらいしか処理方法がないです。初手ウツロバシャ対面は電磁波で足を奪うようにしました。無償降臨された場合その瞬間負けが確定するレベルでした。

テクスチャーポリZ:毒や寄生木の定数ダメで削るかメガ枠で殴るぐらいしか処理方法がないです。自己再生持ちだと粘る必要もありました。

陽気メガガルーラサザンドラの上から攻撃してくるので辛いです。地震持ちの場合はウツロが貫通して死亡するので更に厳しくなります。

初手襷剣舞ミミッキュ:大体起点つくりor襷潰しのどちらか一方しかできないため後続にも負担かかってきついです。電磁波でお祈り狙った場合で電磁波外した場合は目も当てられない状態になります。

滅びゲンガー+レヒレ:コケコ出してなおかつ同速勝たないと数的不利をほぼ確実に取られるためきついです。ゲンガーに電磁波を入れることが出来ればまだ何とかなりました。

キノガッサ:初手のアゴとの対面で胞子から入ってきてくれた場合はアドが取れるので何とかなりましたが、胞子から入ってこない相手の場合確実に1体以上持ってかれました。

ヘドロ爆弾採用バレル+カグヤで突破できない奴:サザンドラの身代わり1発で壊れるからウザいし交代読みで胞子打ったりしてくるのもウザいです。カグヤで突破しようにも裏にカグヤで突破困難な奴がいると更にきついです。大体バレル入りの構築にはバシャ投げれないので本当にしんどいです。(PGLだとヘドロ爆弾採用率8.4%とかなので当たったら運負け主張するレベルでした)

カバルカ:カバ封じてもサザンで対処しきれないためきついです。ルカリオに毒びし入らないのも相まって厄介でした。

 

S16最終週のKP(全149戦)

f:id:azure_pokemon:20190904183926p:image

f:id:azure_pokemon:20190904183931p:image

f:id:azure_pokemon:20190904183937p:image

f:id:azure_pokemon:20190904183941p:image

f:id:azure_pokemon:20190904183946p:image

f:id:azure_pokemon:20190904183950p:image

 

終わりに

改めてシーズン16お疲れ様でした。

今期も2ロム2000達成し100戦以内2000も久々に達成できたのですが、最高レートではここ最近の中でも振るわない結果となりました。

原因としては最終日の2000乗った直後からの負の連鎖による下振れが1番大きいと思いますが、相手の行動が分かっても強気に行動にできなかったのもあったと思います。

隠しロム撤退した時間が午前3時過ぎでサブロムは捨てて2007のメインで潜ろうとも隠しロム撤退した時は少し思いましたが、予想以上にメンタルに来たためそのまま撤退という形になりました。(サザンドラが10万1発麻痺のせいで耐久不成立とかカグヤが宿り木外し+2連守る滅ゲンとか冷B1発氷とかでピンポイントの負け筋引いて理不尽にレート溶かすの今思い出すだけでもウンザリするし流石にやる気起きるわけないわ)

今のところ来期はウツロカグヤ構築を使わず別の構築に手を出したいと考えています。(サブで少し使った襷ランドロス展開の構築も結局少ししか動かさなかったので来期使ってみたいと思ってます)

 

今回のQRパーティ

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-76BF-4432

 

ここまで閲覧ありがとうございました。