未熟TRAINER

ポケモンの構築記事を書いたりしています

シーズン18構築メモ

f:id:azure_pokemon:20210530224612j:image

シーズン14最終3位の構築をリスペクトした構築を使ってました

 

ウオノラゴン@拘りスカーフ

特性:頑丈顎

性格:陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:165-142-121-*-100-139

技:鰓噛 逆鱗 けたぐり 寝言

 

サンダー@ゴツゴツメット

特性:静電気

性格:呑気

努力値:228-0-252-4-4-20

実数値:194-110-150-146-111-110

技:ボルトチェンジ 暴風 とんぼ返り 羽休め

S:無振りランドロス抜かれ

B:ぶっぱ H:余り 端数CD

参考元だと持ち物が混乱実になっていたが、スリップダメを入れたいと思いゴツメを持たせた

 

ジバコイル@突撃チョッキ

特性:アナライズ

性格:控えめ

努力値:252-0-60-196-0-0

実数値:177-*-143-192-110-80

技:10万ボルト ラスターカノン ボルトチェンジ ボディプレス

HB:A特化ミミッキュの+2ダイナックル確定耐え C:余り

参考元だと冷静S下げ調整されているが、妥協して控えめ個体で採用した

 

ドサイドン@気合の襷

特性:ハードロック

性格:意地っ張り

努力値:188-236-0-0-0-84

実数値:214-209-150-*-75-71

技:地震 ロックブラスト ステルスロック メタルバースト

A:11n S:S下降ポリ2抜かれ

HP:余り

考慮されない襷枠ということもあり相手に想定外を与えられることが多かった

S下降補正かけたポリ2に上取ってメタバ不発と言ったことが何回かあって発狂したのでS実数値を77→71に下げてHPに少し回すことにした

 

悪ウーラオス@拘り鉢巻

特性:陽気

性格:不可視の拳

努力値:0-252-0-0-4-252

実数値:175-182-120-*-81-163

技:暗黒強打 インファイト 冷凍パンチ 不意打ち

受け崩し枠として採用

ウーラオスだときついフェアリーに対してはジバコが強く出れるのでウーラオスジバコ@1で割と安定することができた

不意打ちの枠は最初雷パンチで採用していたが、打つ機会がほぼなかったため先制高火力を与えることのできる不意打ちに変更した

 

アーゴヨン@命の珠

特性:ビーストブースト

性格:控えめ

努力値:0-0-0-252-4-252

実数値:148-*-93-196-94-173

技:流星群 ヘドロウェーブ 火炎放射 エアスラッシュ

①珠ミミッキュの選出率が低め

②レヒレナット、レヒレドリュみたいな並びが少し辛め

③バンギやドランが選出されない

元々は参考元と同様に珠ミミッキュを採用していたが、上記の3つの理由から珠アーゴヨンが適していると思い変更することに決めた

ステロ枠でステロ撒いて全抜きムーブやトンボルチェンで対面操作して有利対面作って圧かけに行くムーブが行えるのもポイントが高いと感じた

 

現時点の懸念点

・ドラゴンの一貫がヤバい(特にドラパルトとラティオスがヤバい)

・氷抜群が3体もいる(スカーフダルマに対して不安定、襷フリドラマンムーで崩壊)

→鉢巻悪ウーラオスの選出率が低いからこれらに強めな奴に変更も視野

 

最高1950ぐらい最終虚無