未熟TRAINER

ポケモンの構築記事を書いたりしています

シーズン16使用構築 オーガサンダーオニガカリ(最高最終レート2010・最終155位)

 

f:id:azure_pokemon:20210331215424j:image

※サムネ用

 

はじめに

皆さんこんにちは シーズン16お疲れ様でした

今期は前期の雪辱を果たして2ロムレート2000を達成することができたので、使ってた構築を記事にまとめたいと思います。

今期は早い段階(25日にメイン、28日にサブ)でレート2000に乗せることができたため最終日は2000から最終2桁順位目指して潜ろうと思っていましたが、最終日の夕方に確認も兼ねてカジュアルやダブルを潜った時に20戦中3戦も回線切れが発生して怖くなったため撤退することになりました。

 

構築経緯

今期はカイオーガを使おうと思い序盤はオーガ入りのQRパに手を出しました。

QRパに手を出した結果、今期はオーガサンダーナット軸を使うことに決めました。

@3の枠に入れるポケモンのうち1体は化けの皮で行動保証のあるミミッキュで決定しました。

あと2枠に入れるポケモンとして以下の条件を満たすポケモンを探して試すことにしました。

①受けに強めな崩しを行える枠

②黒バドレックス、白キュレムに強めな枠

①この枠は最初はCS両刀フェローチェを試したりしてましたが、試している時に電気の一貫が気になったため地面枠が最適だと考えました。

地面枠として最初は珠ドリュウズを試しましたが、耐久が低い点や素早さにバフかかるのがダイマ前提な点が微妙に感じたためボツになりました。

ダイマせずに素早さをあげることができる剣舞地面枠として耐久調整したオボン剣舞ガブリアスを試したところいい感じに刺さることが多かったため、この枠には最終的にオボン剣舞ガブリアスを採用することにしました。

②この枠には最初は襷悪ウーラオスを入れてましたが、白キュレムや黒バドレックスの取り巻きにいるHBサンダーに弱い点から選出率がかなり低くなったため変更することにしました。

キュレムや黒バドレックス、HBサンダー全てに対して強く出れる枠として弱保竜舞バンギラスを入れたところいい感じにハマることが多かったため、この枠には最終的に弱保竜舞バンギラスを採用することにしました。

 

以上が構築経緯となります。

 

今期の構築名の由来ですが、軸のオーガサンダーとリゼロのアニメ1期11話の名台詞「鬼がかってる」を合わせたものにしました。

f:id:azure_pokemon:20210331233909j:image

 

結果

TN:エリィ 最高2003最終2003 最終193位

TN:Rhodanthe 最高2010最終2010 最終155位

 

↓↓証拠画像です↓↓

f:id:azure_pokemon:20210401111934j:imagef:id:azure_pokemon:20210401112441p:imagef:id:azure_pokemon:20210401111938j:imagef:id:azure_pokemon:20210401112450p:image

 

サブロムのTNは虹ヶ咲のアニメ1期12話で侑が歩夢に渡した花の名前が由来です。(4月から虹ヶ咲のアニメの再放送もあるので未視聴の方は是非見てみてください)

画像

 

パーティ紹介

f:id:azure_pokemon:20210331235603j:image

カイオーガ@拘りスカーフ

特性:雨降らし

性格:臆病

努力値:0-0-4-252-0-252

実数値:175-*-111-202-160-156

技:潮吹き 雷 冷凍ビーム 熱湯

 

今回の禁止伝説枠です。

カイオーガの中でも1番メジャーな臆病スカーフ型で採用しました。

HP満タン時のスカーフ潮吹きの火力は使ってて本当に鬼火力だと感じました。

4ウェポン目は根源、波乗り、熱湯の3つから選択で、今回は命中安定で火傷ワンチャンも狙うことができる熱湯を選択しました。(地味に凍った時に自力で解凍できるのも大きかったです)

終盤は陽気HSザシアンが増えてたらしく、臆病スカーフ潮吹きで上から一撃で落とせることも増えて助かることが多かったです。

 

f:id:azure_pokemon:20210331235616j:image

サンダー@ゴツゴツメット

特性:静電気

性格:図太い

努力値:252-0-212-0-0-44

実数値:197-*-145-145-110-126

技:暴風 ボルトチェンジ 怪電波 羽休め

S:1加速で最速エースバーン抜き 残りHB

 

オーガの苦手なゴリランダーなどを受ける物理受けとして採用しました。

最初はオボンで採用していましたが、ザシアンやウーラオス接触技でスリップ入れて襷を潰せたりオーガの潮吹き圏内に入れたりする方が強いと思ったためゴツメに変更しました。

サンダーをゴツメにすることでボルチェン+ゴツメダメ+オーガの潮吹きでHDザシアンを大体処理できることができたのも強かったです。

素早さの実数値は1加速で最速エスバ抜きの126にしましたが、準速キモガエルと同速になるのでSに振らずにHB特化にするのもありだと思うこともありました。

カイオーガの雨のおかげで暴風が必中になって命中不安に悩まされなくなる点も本当に偉大だと感じました。

今期初めて構築に静電気サンダーを入れましたが、接触技を打った相手が3割の確率で麻痺になるのはえぐい性能だと感じました。

 

f:id:azure_pokemon:20210331235631j:image

ナットレイ@食べ残し

特性:鉄のトゲ

性格:生意気

努力値:252-0-4-0-252-0

実数値:181-114-152-*-184-22

技:ジャイロボール タネマシンガン はたき落とす 寄生木の種

 

オーガやゼルネアスを見るためにHDの特殊受けで採用しました。

最初は残飯ナットだから守るを優先して入れようと思ってましたが、ナットミラーで有効打がなく不毛に感じることが多かったためはたき落とすを採用しました。

久々にこのポケモンを使いましたが、相変わらず寄生木でジワジワ削る性能は強かったです。

ジオコン積み状態ゼルネアスに関しては後出しからでも勝てはしますが、ダイマ択に勝つ必要もありました(身代わりでダイマ枯らされたり気合玉当たったりすると厳しくなりました)

 

f:id:azure_pokemon:20210331235645j:image

ガブリアス@オボンの実

特性:鮫肌

性格:陽気

努力値:76-84-4-0-92-252

実数値:193-161-116-*-117-169

技:地震 スケイルショット 炎の牙 剣の舞

HB:A222ザシアンの巨獣斬確定耐え

HD:珠黒バドレックスのアストラルビット確定耐え

S:最速 A:余り

 

電気の一貫を切る地面枠として採用しました。

ムゲンダイナ、受けに強めで電気の一貫を切れる枠として一時期は珠砂かきドリュを入れてましたが、砂が切れたら素早さにバフかからなくなる点や耐久が低い点が微妙に使いにくいと感じたため、自力で素早さを上げることができる剣舞スケショガブの方が適任と思って試したところドリュウズよりいい感じだったので採用しました。

スケショが命中不安なのが懸念材料ではありましたが、素早さが上がってからの全抜き性能には目を見張るものがありました。

サンダーの怪電波でC下げる→ボルチェンでガブ出す→剣舞orスケショで能力上げるみたいなムーブは決まることも多く、決まったらいい感じに崩しに行けることも多かったです。

今回は火力を削って耐久に割いたオボン剣舞型で採用しましたが、耐久調整してないASラム剣舞型にしてもいいと思うことも少なからずありました。

 

f:id:azure_pokemon:20210331235657j:image

ミミッキュ@命の珠

特性:化けの皮

性格:陽気

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値:131-142-100-*-125-162

技:ゴーストダイブ じゃれつく 影打ち 剣の舞

 

行動保証枠兼ストッパー枠

最初は呪いのお札で採用してましたが、珠枠が外れて命の珠が余ったためこいつに持たせることにしました。

ミミッキュミラーで上を取りたいためいつも通り陽気ASで採用しました。

相手が先にダイマしてきた場合はダイマ枯らししつつ剣舞して相手の裏に圧力をかけれたのでミミッキュで全抜き狙えることも珍しくなかったです。

襷ウーラオスが意地でミミッキュが上取れたり、珠剣舞ダイホロウで高確率で落とせるHDナットが増えてたりするのも地味に追い風だと感じました。

 

f:id:azure_pokemon:20210331235709j:image

バンギラス@弱点保険

特性:砂起こし

性格:意地っ張り

努力値:124-124-4-0-4-252

実数値:191-187-131-*-121-113

技:ロックブラスト 噛み砕く 冷凍パンチ 竜の舞

HB:陽気珠イベルタルのダイスチル14/16耐え、意地珠ミミッキュのじゃれつく確定耐え

S:準速 A:11n 端数D

イベルタル入り、白キュレム、黒バドレックス、ホウオウ+オーガ受けに苦戦することが多かったため急遽投入しました。

特殊耐久に厚く割いてる型だと誤認してくれた相手に竜舞で誤算を与えられた時は気持ちよかったです。

キュレム、黒バド、ホウオウなどの取り巻きによくいるランドロスに対して氷技で大ダメージを与えられる点もポイント高かったです。

元々は襷悪ウーラオスを入れてましたが、HBサンダー後出し→麻痺って機能停止orゴツメで襷潰れるといった展開が多かったため、上で挙げた伝説枠+HBサンダーみたいな並びに対して強く出れるバンギラスがいいと思って採用することにしました。

1舞で抜ける範囲を増やすために陽気での採用も考えましたが、そうすると火力面が絶妙に足りないことが増えそうだったので今回は意地で採用しました。

 

最終的な構築にしてからの選出率です。

禁止伝説枠が選出率9割近くで他も選出率が最低でも3割はあるので、いい感じのバランスになったと感じました。

f:id:azure_pokemon:20210331232855p:image

 

キツいポケモン

唐突な貯水持ち(ヌオー、ゲロゲ、ランターンなど):想定してないのでキツいです ナット引き読み釣り出しされた場合高確率で厳しくなるのも結構辛かったです

チョッキパッチラゴン:初手読みでガブかミミッキュ出さないと掻き乱されてキツいです 初手に別の奴が来ると色々狂うので厄介です(2敗)

気合玉持ちゼルネアス:ナットレイが気合玉躱してくれることを祈るしかないです

氷技持ちの特殊受け(冷Bハピナスなど):後出ししたガブリアスが致命傷受けるためキツいです(受けに対しては釣り交換読み居座りといったムーブを取ることも結構ありました)

エッジ持ち襷ウーラオス:襷潰すために出したサンダーが返り討ちに遭うので考慮しないことにしました(2敗)

ダイアタック持ちエースバーン:サンダーの後出しダイマで見ようとした場合上取れずに崩されるためキツいです 採用率が低いこともあって切り気味でした(3敗)

ディアルガ:サンダーの怪電波でデバフかけようと思ったらCSで上取られたりビルド型で起点にされたりして感情を失いかけました マジでマッチングしないことを祈るしかなかったです

 

選出(パッと思い浮かんだだけ)

基本選出:オーガサンダー@1 オーガサンダー+1で行けそうな場合は積極的にこの選出をしました

受け構築:サンダー+ガブorバンギ+@1 相手の取り巻き見てガブとバンギどっちで崩すか決めました(両方選出することもありました) 釣り交換読みオーガ居座りで無理矢理アドを取りに行くこともたまにありました

サンザシウーラオス的な並び:オーガサンダーミミッキュ 選出は大体この3体で行きました

オーガサンダーナット:オーガナット@1 相手に圧かけるオーガとオーガ受けのナットはほぼ確定で選出して@1は取り巻き見て決めました

 

終盤のKP(90戦分)

KP3以上のみまとめます。

相手の選出率0%がちらほらいるため選出段階で切る選択肢も取ることができました。

f:id:azure_pokemon:20210402121203p:imagef:id:azure_pokemon:20210402121219p:imagef:id:azure_pokemon:20210402121225p:imagef:id:azure_pokemon:20210402121232p:imagef:id:azure_pokemon:20210402121244p:image

 

終わりに

改めてシーズン16お疲れ様でした。

今期は1年以上ぶりの2ロム2000達成&8世代の最終順位更新をすることができたので、その点については素直に喜びたいと思います。

ただ、最終日に回線が不安定ということもあって潜れなかったのは少し悔しくもありました。

竜王戦環境については本音を言うと少し飽きてきましたが、来期も気が向いたら潜るぐらいには頑張りたいと思います。

 

ここまで閲覧ありがとうございました。