未熟TRAINER

ポケモンの構築記事を書いたりしています

剣盾シーズン1使用構築 8世代皆無ドリュギャラ(最終697位)

f:id:azure_pokemon:20200102160439j:image

※サムネ用

 

 

はじめに

皆さんこんにちは

剣盾シーズン1で一応最終3桁順位を達成できたので簡潔ではありますが記事を書いていきたいと思います。

TN:エリィ 最高順位692位(1/1午前2時20分ごろ) 最終順位697位 最終レート2036

f:id:azure_pokemon:20200102155810j:image

f:id:azure_pokemon:20200102160152j:image

f:id:azure_pokemon:20200602212916j:image

※最高順位(1/1午前2時20分ごろ)と最終順位の画像です

 

今回の構築名の由来はパーティに8世代のポケモンが1体もいなかったことからこの名前にしました。

 

パーティ紹介

バンギラス@弱保

特性:砂起こし

性格:勇敢

努力値:236-60-212-0-0-0

実数値:205-178-157-115-120-72

技:ロクブラ 噛み砕く アイへ 火炎放射

HB調整:陽気珠ミミッキュのダイフェアリー最高乱数切り耐え、余りA

 

マスターまで上げる時に使用していたスズさんのレンタルパのバンギの調整をそのまま使用しました。

命中8割のエッジは自分が命中不安恐怖症だったのもあり採用できなかったのでダイロックで威力130出せてかつ命中90で身代わり貫通を狙うことも可能なロクブラを採用しました。

このポケモンは初手で投げてダイマックスして数的有利を取る役割で当初は採用してたのですが、パーティ迷走した結果最終的にドリュギャラ@1選出が基本選出になったためドリュウズと並べてバンドリュに見せる役割に変わっていました。

 

ドリュウズ@襷

特性:型破り

性格:陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:185-187-81-*-85-154

技:地震 岩石封じ ドリル ステロ

 

7世代で言うところの襷ランドロス的な感覚で初手に出すことが1番多かった枠です。

基本的にステロ撒いて岩石封じでS操作したり地震で削ったりして裏へのお膳立てをすることが多かったです。

ステロ見せたら大体ドリルはないと思われるので物理受け後出しされることも少なくなかったです。

物理受けに対しては思考停止ドリルを打って突破ということも多々あり運勝ちを拾えるポケモンでもありました。

 

ギャラドス@ラム

特性:自信過剰

性格:陽気

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値:171-177-99-*-120-146

技:滝登り 飛び跳ねる ウィップ 竜の舞

 

終盤になってから入れた枠でしたが、相手のパーティを見てドリュ+ギャラで行けそうなことが多く選出する機会も多かったので選出率は上位になりました。

サブウェポンには今回ミトムや水無効枠に有効打点となるウィップを入れました。

4枠目には竜の舞を入れましたが、竜の舞を選択する機会がそこまでなかったためこの枠には挑発を入れてもよかった気がしました。

 

ドヒドイデ@ヘドロ

特性:再生力

性格:穏やか

努力値:252-0-4-0-252-0

実数値:157-*-173-73-213-55

技:熱湯 毒々 トーチカ 再生

 

途中ドヒドアーマーガア使ってた時の名残で残留した枠です。

物理ドラパとあまりマッチングしなかったため今回は特殊受けで採用しましたが、自覚が酷すぎるという理由でアーマーガアを解雇してからこのポケモンを選出する機会が減ったためこの枠は要検討枠だと思いました。

 

サザンドラ@バンジ

特性:浮遊

性格:臆病

努力値:4-0-0-252-0-252

実数値:168-*-110-177-110-165

技:悪波 ラスカ 悪巧み 身代わり

調整:HP4n、CSぶっぱ

 

ドリュギャラ選出だとアーマーガアに対する突破手段がドリルのみで安定しないため受けに強めな特殊積みアタッカーとして採用しました。

このポケモンは低速ポケモンに対しては結構強い印象がありました。

 

メタモン@スカーフ

特性:変わり者

性格:勇敢

努力値:252-0-0-0-0-0

実数値:155-*-*-*-*-* ※S0個体

技:変身

 

受け構築+メタモンが強いということでドヒドアーマーガア使ってた時に入れたポケモンで、刺さる時はこのポケモン1体で逆転勝利を導いてくれることも多かったのでこのポケモンは入れ得だと思いました。

積み構築に対しては割と出した気がします。

余談:今回はHP252振りしかしませんでしたが、マタドガスの化学変化ガスのことも考えてDにも252振りした方がよかった気がしました。(シーズン終了後に構築記事を見た時にこのことに気付きました)

 

この構築でのおおよその選出率はドリュ>ギャラ>メタモン≧サザン>バンギ>ドヒドだったと思います。

 

選出

選出はドリュギャラ@1が1番多く、相手のパーティに合わせて刺さりそうなポケモンを3体選出することが多かったのでこれと言ったような選出はあまりなかったです。

 

 

辛いポケモン

ナットレイ:守る持ちの場合ギャラドスが押されるため選出が歪みます

電気技持ちの格闘(特にローブシン):パーティ全員が抜群取られるので本当に厳しいです ルチャブルならメタモンでコピーして掻き乱すことがまだ可能ですが、ブシンはドレパンで全回復するため本当に厳しいです(ドリュが襷を盾に居座ってドリル当てるかギャラ対面ダイマックスしないこと祈るぐらいしか方法がないです)

 

終わりに

シーズン1お疲れ様でした。

今期は流行とかが分からなかったこともあったので強そうなポケモンを詰め込んだような構築になってしまい半端な結果で終わってしまいました。

周りが結構2桁順位を出してる中で不甲斐ない結果だとは思ったので来期は生活に支障を来さない範囲で今期より上の順位で終われるよう頑張りたいと思います。

 

ここまで閲覧ありがとうございました